牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「消費者物価指数と特殊要因」

 5月の全国コアCPIがゼロとなり今後はさらに物価の動きが注目されるものと見られる。7日でもコメントしたように、6月の全国コアCPIは足踏みとなり場合によると再びマイナスとなる可能性もあるが、7月にはガソリン価格の上昇などによりコアCPIがゼロもしくは若干のプラスになることも予想される。日経新聞などによるとレギュラーガソリンの給油所店頭は11日時点で1リットルあたり125.1円となり2週連続で値上がりしたそうである。125円台は 1994年8月以来の高値水準だとか。

 特殊要因によるCPIの押し下げ効果も10月以降に剥落してくるものとみられている。まず、米類については高騰の反動による押し下げの影響が昨年10月から顕われており、それによる影響は今年の9月頃までとなる。

 今度は電気代について見てみると、関東地方では昨年10月から実質4%ほどの値下げが実施されている。また、東北、中部、九州地方も今年1 月から。北海道、北陸、関西、中国、四国地方では4月から値下げとなっている。ちなみに沖縄は6月からの値下げに。これによる押し下げ効果もやはり10月以降順次剥落してくるものと見られる。

 固定電話通信料については、新規参入会社が昨年12月に基本料・通話料が割安な固定電話サービスを始めたことなどを受け、NTT東西地域会社などが今年1月から固定電話基本料の値下げに踏み切った。この影響も来年1月以降剥落するものと見られる。

 以上のように特殊要因の剥落は今年10月以降となる。しかし、5月の全国コアCPIは前年比ゼロとなり、7月以降はプラスに浮上する可能性もある。10月以降はそこにどれだけ上乗せされるかが注目されよう。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-07-14 12:44 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー