牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

シニョリッジとは何か

 今回はいわゆるシニョリッジ(通貨発行益)について考えてみたい。リフレ政策のひとつとしては政府紙幣の発行もあるが、日銀券と政府紙幣の発行では何が違うのか。

 そもそもシニョレッジ(seigniorage)とは、鋳造した貨幣の額面と原価の差額である。古代ローマの時代から使われているラテン語で、日本では江戸時代に「出目(でめ)」と呼ばれたものである。

 金本位制の頃は、本来であれば貨幣の額面価値(金額)と金の実質価値(金額)が等しいはずである。しかし、貨幣の金の含有量を減らせばその分、シニョリッジ(通貨発行益)が得られる。これは過去の歴史を紐解くまでもなく、現代の日本でもそれを活用した事例が存在している。

 1986年に天皇陛下御在位六十年記念硬貨が発行された。この10万円金貨は発行枚数が1000万枚と巨額であった。1枚あたり20グラムの金を使用していたが、当時のグラムあたりの金価格が2000円前後であり、金そのものの価値は額面の半分以下であり、それが政府への財源を潤した。まさに巨額の通貨発行益を得たことになる。ただし、これはその後の偽造事件もあって、金貨保有者は私も含めて、銀行に日銀券と引換に走ったのであるが。

 これに対し日銀券については、1万円の原価の約20円と額面1万円の差額9980円とはならない。日銀のバランスシート上では、負債項目に日銀券と預金などがあり、それに対して資産項目に国債や貸出金が存在する。つまり日銀券は日銀にとっては負債であり、無利息・無期限の借用証書となる。このため日銀券を発行し、それで国債を買い入れれば、買い入れた国債の利子分が、シニョリッジとなる。さらにこの日銀の毎期剰余金は法定準備金、配当を除いた額を国庫に納付することとなっている(日銀法第53条)。

 さらに日銀券を輪転機を回して増やそうとしても、そもそも日銀券への需要がなければそれは難しい。日銀券の発行というのは、市中銀行が準備預金を下ろして日銀から現金を受け取ることであるが、これは日銀にとり準備預金という負債を減らす一方で日銀券という負債項目が増加することになる。日銀は強制的に市中に日銀券をばらまくことはできない。あくまで銀行等が準備預金を取り崩して現金化しなければ、市中の日銀券残高は増加しない。

 キンドルの電子書籍にて書き下ろしました「超低金利時代の終わり -そして、日銀による国債引受のリスク-」(定価300円)にも日銀の国債引受のリスクについて書いてます。是非、読んでみてください。

「超低金利時代の終わり -そして、日銀による国債引受のリスク-」



*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2012-12-12 09:43 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー