牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

異例といえる2か月連続の追加緩和はあるのか

 10月18日付けの日経新聞の一面には、「物価上昇0%台後半 日銀、追加緩和検討へ」との記事が掲載された。日銀は10月30日に展望レポートを発表するが、その際に2014年度の消費者物価指数(除く生鮮食料品)の前年からの上昇率の見通しをゼロ%台後半とする方向で検討に入ったそうである。

 前々から指摘しているが、そもそも展望レポートの数値は日銀の政策委員がそれぞれ出したものを集計してからその中央値なりが出される物であり「検討」との表現はやや違和感がある。「2014年度見通し(委員の中心値)も1%には達しない見込み」(ブルームバーグ)、「目標とする1%の物価上昇を14年度に達成するのは難しい状況」(朝日新聞)あたりの表現のほうがまだよいが、それでも政策委員全員が出す数値でもヒアリングしたわけでもないはずで、この数値がどこから湧き出たのかが、やや不思議ではある。

 各新聞社などは、これにより日銀が「追加緩和を検討」と揃って伝えたあたりを見ると、一部の観測記事というより、どこからかその意向が漏れていたとも思われる。

 これについては産経新聞が「野田佳彦首相が17日に経済対策の取りまとめを指示したことを受け」て、追加の金融緩和策を打ち出す方向で検討に入ったと伝えており、このタイミングでこのような追加緩和観測が流れたのは、政府の動きが影響していた可能性が強い。

 30日の会合までには時間があるが、すでに市場ではこれらの報道もあり追加緩和期待が織り込まれつつあるかと思う。ここにきての円安については、日銀の追加緩和期待が主因ではないと思われるが、影響を与えているのも確かであろう。

 もし日銀が30日に追加緩和を行うとなれば2か月連続となり、特に何かしらの金融ショックなどが発生したわけでもなく、景気が急激に落ち込むような事態となっているわけでもないだけに、極めて異例の事態となる。

 もし日銀が本当に30日に追加緩和を行うとなれば、基金による資産買入の増額が予想され、国債等を5兆円程度の増額、さらにリスク資産の買入増額などが予想される。また買い入れる国債の年限を延ばすなどの措置が取られる可能性もある。

 しかし、今回基金の増額を行ってもそれがどのような経路でCPIの上昇に働きかけられるのかははっきりしない。しかし、それでも多少なり円安・株高等に働きかければ、御の字ということなのであろうか。

 総選挙に向けて与野党の攻防戦が激しくなり、今回の政府の緊急経済対策も選挙を見据えたものと思われる。攻防戦の目玉というか人質が「赤字国債発行法案」となっており、完全に政争の具と化している。今回の緊急経済対策の財源となる予備費は国会の議決は必要はないにしても、本格執行には当然ながら「財源を裏付ける赤字国債発行法案の成立が欠かせない」(日経新聞)。

 赤字国債発行法案の成立を優先し選挙そのものを先延ばしたい与党に対し、自民党など野党は早期の解散総選挙を目指し、ぎりぎりの攻防戦が繰り広げられている中にあり、与野党ともに意見が一致しているのは、日銀の追加緩和への期待のようである。

 すでに日銀の当座預金残高は昨日46兆円もの規模に膨れあがっている。FRBやECBに対して金融緩和において日銀の踏み込みが足りないとの指摘もあるが、毎月のように政治的な圧力により基金による国債買入等を増額していけば、それでデフレが一気に解消するものでもない。いずれこのようなことが繰り返されると、日銀が財政ファイナンスを行っているとの見方に変化しかねないのではなかろうか。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp




[PR]
by nihonkokusai | 2012-10-19 09:35 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー