牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

南アフリカ国債が世界国債インデックスに組み入れられたことによる影響

 年金の運用機関などは、その多くが「インデックス運用」を採用している。インデックス運用とは、ある一定の組み入れ基準にもとづいて構成されている債券ポートフォリオの運用成績に連動するよう、自らのポートフォリオを管理する手法である。TOPIX(東証株価指数)などの株価指数に連動することを目標とするインデックスファンドと運用方針は同じである。

 いくつかの証券会社や金融機関が、こうした債券のインデックスを開発しているが、国内債に関して大半の年金が採用しているのは、野村證券が開発した「NOMURA-BPI」である。年金はこれを参考に月末もしくは月初に国内債の入れ替えをすることが多い。

 海外の年金もまた多くがインデックス運用を採用しているが、そこでよく利用されているのが、シティグループ世界国債インデックス(Citigroup World Government Bond Index=WGBI)である。WGBIは、世界主要国の国債の総合投資利回りを各市場の時価総額で加重平均し、指数化したものである。債券で運用されるファンドのベンチマーク(評価基準)になっている。日本においても、シティグループ世界国債インデックスのうち日本を除いた指数が、公的年金や企業年金、投資信託などで幅広く利用されている。

 今年5月に、南アフリカの国債が「シティグループ世界国債インデックス」の組入要件を満たした」との発表があった。このインデックスの組入要件としては、市場の時価総額が500億米ドル、400億ユーロ、5兆円をそれぞれ上回る(市場規模基準)、S&P社でA-、あるいはムーディーズ社でA3以上の格付を保有すること(信用格付け基準)、さらに市場参入障壁がないこととなっている(シティグループのサイトより)。

 ちなみにシティグループ世界国債インデックスに組み入れられているアジアの国は日本とシンガポール、マレーシアだけである。韓国については組入要件はほぼ満たしているものの、資本規制等の市場参入の障壁がネックとなって組み入れられていない。

シティグループ世界国債インデックス http://index.citigroupglobalmarkets.jp/free_pdf/bond/info.pdf http://index.citigroupglobalmarkets.jp/free_pdf/bond/IX34.pdf

 南アフリカの国債が継続して組入要件を維持した場合、2012年10月より同インデックスに採用される予定となっていたが、実際に10月1日より「シティグループ世界国債インデックス」に、新たに南アフリカ国債が組み入れられた。

 インデックスに国債が採用される国は、南アフリカのほか22か国あり、WGBIを参考にするファンドの運用資産総額は推定で2兆ドルに上るとされる。シティグループは、WGBIへの組み入れが決まった南アフリカ国債は12種類で、これらの時価総額は938億2000万ドル、WGBIの0.45%に相当するようである(10月1日のロイターより)。

 インデックス運用を行っている投資家による南アフリカ国債への買いは9月末あたりまでにほぼ終了していたようで、南アフリカ国債の利回りは9月末に過去最低に近い水準にまで低下していた。また、南アフリカの通貨ランドが思惑的な動きもあってか、10月1日に買われるなど、多少影響はあったようである。ただし、南アフリカ国債の組み入れがある程度行われてしまうと、それ以降の需要は限られる点にも注意しておきたい。また、

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp


[PR]
by nihonkokusai | 2012-10-05 09:06 | 国債 | Comments(2)
Commented at 2012-10-05 14:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nihonkokusai at 2012-10-05 15:16
リンク、ありがとうございます。よろしくお願い致します。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー