牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

日米欧の中銀の追加緩和期待がすべて国債買入というのは何故なのか

 現在、市場が期待しているFRBやECBの追加緩和策は、両者ともに国債買入である。さらに、円高等の進行などで日銀が追加緩和に動くとすれば、その選択肢として可能性の高いものは基金の増額であり、その対象となるのは国債が中心となろう。また、いずれBOEも追加緩和に動く可能性もあり、それは資産購入プログラムの拡大となり、つまりFRB、ECB、BOJ、BOEともに国債の買入となる。

 しかし、それぞれの国債買入の目的は異なっている。31日のジャクソンホールでのバーナンキFRB議長の講演内容からも確認できるように、もしFRBがQE3を実施するとしたら、その目的は労働市場の改善となる。

 それに対しECBの場合はユーロ圏におけるリスク回避が目的であり、中央銀行がイタリアやスペインの国債(期間3年あたりまでの中短期債?)を買い入れることで、国債需給に影響を与え、国債利回りの上昇を抑制し、市場に漂うリスクを回避することが目的となる。

 イングランド銀行の場合は、量的緩和策であり景気の下支えが目的となる。また、日銀にとっての基金の増額は、円高株安等の動きを抑制し、景気や物価に働きかけることでデフレの払拭がその目的となろう。

 それぞれ目的は異なるものの、手段は国債買入となってしまうあたり、他に効果的な手段が見当たらないことをうかがわせる。

 もし熱が出たら、その原因はなんであれ、医者は抗生物質を患者に与えることが多い。抗生物質で熱は緩和されるかもしれないが、根本的な解決策にはならない。しかし、軽い病気であればあとは寝ているだけで、直るケースも多いであろう。国債買入は万能薬のようであるが、使い方によってはその効き目が出なくなることもある。

 抗生物質についても大量使用するとその効果がなくなると言われるように、国債買入というある意味特効薬についても、大量にしかも何度も使用するとその効果はなくなるばかりか、その副作用の影響も出る恐れがある。

 このあたりは、FOMCの議事要旨にも示されており、参加者からは現状ではその国債買入プログラムの有効性について疑問視する声もあり、経済活動への影響は一時的なものかもしれないと指摘する参加者もいた。 さらに何人かの参加者からは、米国債やMBSの市場機能を阻害するのではとの懸念が示された。いずれFRBのバランスシートを正常化させる際に詐害要因になるとの懸念も示され、数人の参加者からは中期的なインフレ期待を引き上げてしまうのではないかとの懸念も示された。

 また、ECBによるユーロ加盟国短期債の購入については、「市場ストレスを軽減し、国債の流動性リスクを緩和することができるであろうが、財政破綻リスクの高まりを原因とする金利上昇を抑制することはできない」(岩田一政氏のレポート「ユーロ危機:最後の貸し手と政府債務破綻処理」より)との見方もある。

 日銀による量的緩和策時代の分析もいろいろと出ていたが、金融機関にとり資金調達コストを抑制し、資金繰り不安を払拭したとの結果が得られる一方、総需要・物価への直接的な押し上げ効果は限定的との実証結果が多くみられた(日銀「量的緩和政策の効果:実証研究のサーベイ」より)。

 米国のQEについては、市場への影響は出ていたことは確かではあるが、実体経済への効果については見方が分かれている。バーナンキ議長はそれなりに効果はあるとの認識のようであるが、これは他に有効かつ可能な手段が見当たらないため、そのようにアピールせざるを得ない面もあるのではないかとも考えられる。

 政策金利に引き下げ余地がなくなり、伝統的手段が使えなくなった際の非伝統的手段は、その目的はさておき、中心となるのは結果として国債買入とならざるを得ない。しかし、何度も使えば当然その効果はなくなる。また、政策金利の上げ下げ以上に、いずれその副作用が出てくる恐れがある。短期的な治療薬として有効なものであっても、あくまでこれは市場のマインドに影響を及ぼすなどして、症状を一時的に抑えるものでしかない。雇用の促進や財政破綻リスク、景気の回復、デフレの解消、いずれの病気に対する中央銀行の処方箋が同じということそのものが、金融政策には限界があることを示しているように思われる。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp


[PR]
by nihonkokusai | 2012-09-04 12:26 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31