牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

QE3という最終兵器は温存したほうが賢明か

 「宇宙戦艦ヤマト2199」というタイトルのアニメがある。我々の年代にとって「宇宙戦艦ヤマト」というアニメは強烈なインパクトを残している。次々と続編が生まれ、実写版が映画化されるなどしたが、あまり評判は良くなかった。しかし、今回の「宇宙戦艦ヤマト2199」については昔からのファンもそれなりに満足したものとなっているようである。元になっている「宇宙戦艦ヤマト」に忠実に、さらに現在のアニメの技術等も生かして、リアリティのある内容となっている。

 「宇宙戦艦ヤマト2199」の最新作では冥王星にあるガミラス基地を破壊し、いよいよ太陽系を脱するところまで描かれている。その冥王星のガミラス基地を攻撃する際、ヤマトの最大の武器である波動砲を打つかどうかでもめるシーンがあった。結局、波動砲は使わずに通常兵器で攻撃することになるが、波動砲はあまりに攻撃力が強く、冥王星そのものを破壊しかねないためというのが理由であった。

 米FRBは追加緩和策として、「a new large-scale asset purchase program」(新たな大規模資産購入プログラム)という名の最終兵器を用意している。これを市場ではQE3と呼んでいる。

 果たしてこの武器が市場に向けて使われるかどうかが、ひとつの焦点となっている。7月31日から8月1日にかけて開催されたFOMCの議事要旨をみると、現場スタッフは使用は可能との認識を示してはいたが、決定するメンバー達からはそれによる弊害を意識した発言が出ていた。

 現在の日欧米の中央銀行は、短期金利がゼロ水準となっているため、すでに通常兵器では市場に対する有効な手段を持ち得ていない。このため、非通常兵器が用いられることになったが、そこには数々の弊害もある。特に気にすべきは日銀が量的緩和を行った際に問題となった市場機能の低下である。

 QE3は市場にとり、破壊力のある兵器となりうるが、それによって債券市場での価格発見機能の喪失等が懸念される。連銀という大きな買い手の存在に市場が依存してしまいかねず、市場機能そのものを破壊しかねない。

 それ以前に、本当に市場に大きな影響を及ぼせるのかという問題もある。すでに市場では2回のQEを経験している。3度目ではさほどインパクトがなくなる可能性もある。

 そもそも米国の長期金利は一時よりも上昇したとはいえ歴史的低水準にいることで、ここからの金利低下を促すといっても限界はあろう。また、それにより影響を及ぼそうとしている住宅市場そのものも回復基調にある。

 さらにまたQE3が使いづらい要因がほかにもある。米大統領選挙と財政の崖の問題である。米大統領選挙中はよほどのことがない限り、金融政策は変更しづらい。このため、予防的な意味で9月6日のFOMCで何らかの追加緩和策を決定してくるかもしれないが、そこでQE3は使いづらい。

 その理由のひとつが、米大統領選候補となるロムニー前マサチューセッツ州知事による発言である。ロムニー氏は、FRBはQE3の実施を回避すべきだとテレビで語っていた。QE1はプラスの効果があったかもしれないが、新たな量的緩和は米経済の役に立たないだろうとの認識を示したのである。ここで無理にQE3を使い、共和党とFRBの対立を深めさせる必要もないはずである。

 さらに財政の崖の問題もある。これについては、さすがに米経済を大きく悪化させるようなことは避けられると期待したいが、何が起きるかは予測できない面もある。例え実質的な効果は少なくても、市場での期待度が高いということは、心理的なインパクトはそれなりにあるとみられるQE3は、もしものときの切り札として温存しておいた方が賢明ではないかと思われるのである。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp


[PR]
by nihonkokusai | 2012-08-25 10:39 | 中央銀行 | Comments(1)
Commented at 2012-09-08 18:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー