牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

欧州危機への封じ込め作戦に向けて、日銀の決定会合のスケジュール変更も必要では

 昨日あたりからどうも欧米のいわゆる当局者がいろいろと動きを見せ始めている。まず、欧米の中央銀行に何かしら動きが見えてきた。昨日、ECBは政策金利は据え置いた。期間最長3か月のリファイナンスオペでの無制限資金供給を来年1月まで延長することを決定したが、これもある程度、事前に予想されていたことであり、これらは利下げ等を期待した市場を本来であれば失望させるような内容であったが、市場はそのようには取らなかった。むしろドラギ総裁が会見で、行動する準備は整っていると発言し、欧州債務問題に立ち向かう欧州の政治家や当局者の決意を市場は過小評価しているとも述べたことなどが、今後の追加緩和の可能性を示したのではないかと好感された。ただし、金融政策をもって他の機関による政策の欠如を補完することは誤っているとの発言もあり、金融政策への過度な期待にも釘を刺した。

 しかし、市場では今日のイングランド銀行のMPCでも追加緩和期待が出てきた。それとともに米FRBもアトランタ連銀のロックハート総裁とサンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁が講演で、追加緩和に前向きな姿勢を示し、さらにイエレンFRB副議長が欧州問題の米経済への打撃回避に向け、追加緩和が必要になる可能性を示唆するなどしたことで、6月19日、20日のFOMCでの追加緩和期待が出てきた。7日にはバーナンキFRB議長の議会証言が予定されている。ここでも多少、市場の過剰な緩和期待に対しブレーキを掛けながらも緩和を臭わす発言が出てくる可能性がある。その背景には、G20を控えての政治の動きも影響しているのではなかろうか。

 昨日、米国のオバマ大統領はドイツやイタリアの首相と電話会談をしたことが伝えられた。内容は当然ながらスペイン、ギリシャを中心とした欧州問題であったはずである。スペイン銀行救済案は最終段階にあるとのドイツ当局者の発言もあったが、スペインの銀行問題をまず解決に導き、あらたな信用不安の火種にならぬようにとの動きも水面下で活発化しているものとみられる。このような政治上の動きが、欧米の中央銀行にも暗黙のプレッシャーとなっている可能性がある。このため、FRBもはっきりとしたカードは見せないものの、カードを切る姿勢を見せてきたものとみられる。

 もちろんその前の17日にはギリシャの選挙があり、18日、19日にはメキシコでのG20が予定されている。とりあえず、撃てる手は総動員でこの難局を乗り切ろうとの姿勢も垣間見れられる。そうなると問題は日本の姿勢となる。欧州リスクが強まれば、円高圧力が強まるが、為替介入については欧米諸国の理解を得ることはなかなか難しい。G7においても理解を求めていたようだが、単独介入は決して欧州のリスク回避のためとは認識されまい。ここはむしろ日本としても、欧州危機への封じ込め作戦に荷担している姿勢を見せることも重要か。

 日銀はなかなか舵取りのタイミングが難しい。FRBやECBが追加緩和となれば、為替を意識しても日銀も何らかの追加緩和を行わざるを得なくなる。日銀を含め日米欧の中銀が追加緩和となれば、欧州危機への封じ込めのための側面支援との認識も持たれよう。ただし、次回の日銀の金融政策決定会合は14日、15日とギリシャの選挙前のスケジュールとなっている。日銀が先走って動くこともリスクはある。この際、可能であれば決定会合のスケジュールを20日、21日あたりに変更することもひとつの手段ではなかろうか。そうすればギリシャの選挙結果を確認した上で、18日、19日のG20の動向、さらにFRBの動向なども確認しながら、金融政策を決められる。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp




[PR]
by nihonkokusai | 2012-06-07 14:58 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー