牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

日本国債先物の過去最高の出来高の日と過去最低の日に起きていたこと

 日本の債券先物の記録について、あらためて確認してみたい。その前に拙著「日本国債先物入門 [改訂版] 」がまもなく発売される。日本の債券先物に関する書籍はほとんどないはずで、たいへん貴重な本とも言える。債券先物の仕組みから、その歴史、さらにディーリングで気をつけるべきことなど、債券先物に関する多くの部分を網羅している。よろしければアマゾン等では予約も開始されているので、ご購入いただけるとうれしい。

 という宣伝はさておき、その債券先物の記録について、その数値とともにそれを付けた日の状況を確認してみたい。

 債券先物は通称であり、正式には長期国債先物取引であり、それが上場されているのは東京証券取引所である。この東証では、「TSE Derivatives Market Highlights」という冊子を作成し関係者に配布している。私も直接いただいているが、これは東証のサイトでもその内容を確認できる。

 直近で出されたものは今年1月に作成されたものであるが、この中の「取引記録」を確認してみたい。

 まず長期国債先物の1日最高取引高を記録したのが、2007年6月7日の21兆1110億円である。これは債先(ラージ)の取引単位が1億円のため、21万1110枚との表現もできる。その日の様子を私のサイト「債券ディーリングルーム」の「臨機応変」過去ログから見てみると、「海外投資家による売り、オプションに絡んでの中期売りといった観測もあるが、先物は売り回転が効いている状態ともなり出来高を伴っての急落」とあった。

 債券先物の売買では海外投資家の割合が非常に高い。ちなみに2011年は先物の売買高で37.8%、先物オプションに至っては59.3%の割合を占めている。2007年6月の記録達成には、この海外投資家の動向が大きく影響していたものと思われる(実際には債券先物の手口は公開されておらず、推測せざるを得ないのではあるが)。

 続いて1日の最低取引高をみてみると、わずかに510億円。これを記録したのは1985年10月28日とある。残念ながら「債券ディーリングルーム」の記録は1996年からで、ここには記録がない。そこで「日本国債先物入門 [改訂版] 」の原稿から、これに関するところをご紹介したい。

 「日銀は、1985年10月25日に短期金融市場を操作して「第二の公定歩合」といわれた短期金利の高め誘導を実施した。JGB先物にとってこのタイミングは最悪であった。無理やり短期金利を上げたことで、長期金利にも上昇圧力が加わり、債券が売られる展開となったのだ。JGB先物市場には大量の売り注文が殺到した。そうでなくてもJGB先物は上場したばかりでご祝儀による大量の買いポジションを抱えていた証券会社が多かった。売りが売りを呼ぶ展開となり、2日間値が付かないという大混乱となってしまった。1985年10月24日に101円63銭で引けていたJGB先物は、25日、26日に値が付かず、ストップ安で張り付いたままとなった。28日にようやく96円63銭で寄り付いたものの、その後も下げて、11月14日に安値89円82銭を付けたところで、ようやく底入れした。実に12円近い下げである。」(日本国債先物入門 [改訂版] より)

 長期国債先物が上場したのが1985年10月19日である。その直後にこのような急落があり、10月28日はストップ安が続き、やっと値がついたときの出来高が記録に残ったのである。25日、26日には値が付かなかったので、実際の最低取引量はゼロではあるが、東証のデータはあくまで出来高が記録されていた中での最低記録が掲載されたものと思われる。

 そして債券先物の最高建玉残高の記録は31兆415億円。つけたのは2000年2月8日。このころの債券相場は膠着状態が続いていたことで建玉も膨らんだものと思われる。また、最低建玉残高は1985年12月12日の1兆4585億円。1985年10月の日銀による短期金利の高め誘導が解除されたのが12月18日であり、それまでの債券先物は急落の後遺症もあり、どうやら盛り上がりに欠けていたものと思われる。

 債券先物の過去最高値と過去最安値については、次回ご紹介したい。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2012-06-07 10:18 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー