牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

東日本大震災の際の日銀の対応を振り返る

 2011年3月11日の14時46分頃に発生した東日本大震災の際に、日銀はどのような行動を起こしていたのか。日銀のサイトにアップされていた「東日本大震災におけるわが国決済システム・金融機関の対応」、「決済システムレポート2010-2011」、「2010年度の金融市場調節」などを参考に追ってみたい。

 マグニチュード9.0の地震と、その後の大規模な津波により甚大な被害が東北地方を中心に生じたが、最も気になる決済システムに関しては、日銀ネットや各民間決済システムは正常に稼働し、資金決済・証券決済は予定通り終了していた。日銀のシステムセンター所在地でも震度5弱を記録したが、日銀ネットの運行に支障はなく安定的な稼働が維持されたそうである。

 これについて日銀の資料(決済システムレポート)でも「決済システムや金融機関は、震災発生後も全体として安定的に業務を継続し、金融インフラとしての正常な機能を維持した。」とある。

 金融機関では、一時多くの営業店舗を閉鎖せざるをえず、各地の手形交換所も、施設の損壊や参加金融機関店舗の被災から、休業を余儀なくされるところが目立った。都心部でも一部金融機関の施設・設備等に影響が出ていたようである。

 日銀は地震発生直後(15時)に、総裁を本部長とする災害対策本部を設置した。大きな災害時には預金者による預金の引出しが増加する傾向があるため、日銀は金融機関と連携し、その対応を行った。被災直後の 12 日(土)、13 日(日)には、青森、仙台、福島の各支店や盛岡事務所において、金融機関への現金供給を継続した。

 日銀本店でも、12日に臨時に窓口を開け、硬貨を中心に現金を金融機関に供給した。首都圏では地震発生当日の 11日夜から 12日の朝にかけて、帰宅困難者を中心に、コンビニエンスストアや商店で飲食物や日用品が大量に購入された結果、一部に硬貨の不足が懸念されたことに対応したものだそうである。

 また、津波の被害が大きく水に浸かった現金の引換えや、火災で損傷した現金の引換え依頼も生じており、こうした損傷現金の引換えに応じる体制も整えた。1923年9月1日(土)に発生した関東大震災によって日銀も被災したが、週明け3日には営業を再開し、焼損した紙幣の引換に応じるなどしていた。

 さらに金融上の特別措置として、預金証書、通帳を紛失した場合でも預金者であることを確認して払戻しに応じること、届出の印鑑がない場合には拇印で応じること、災害時における手形の不渡処分について配慮すること、汚れた紙幣の引換えに応じること、有価証券喪失の場合の発行手続きについて協力する等の対応も行われた。

 「今回の大震災では、一時、海外を中心に、わが国証券市場や決済インフラに関する根拠のない噂が一部に聞かれた」とあり、これに対応するため、日銀は、震災発生直後から、ホームページ等を通じて、日本銀行の業務継続状況や、決済システムや金融機関の対応について、正確かつ迅速に情報を発信することに努めたとある。関東大震災でのデマ等が大きな問題となったが、今回の震災では、根拠のない噂や情報不足に起因する不安心理は回避されていたようである。

 「短期金融市場、外国為替市場および証券市場では、災害時に市場参加者間のネットワークを維持するための取組み(市場レベルBCP)が行われている。具体的には全国銀行協会、東京外国為替市場委員会および日本証券業協会が事務局となって、あらかじめ専用ウェブサイトを設け、災害時に情報収集や市場慣行変更の推奨等を行える仕組みを整備している。今回の大震災では、参加者は専用ウェブサイトを通じて、取引・決済の可否などの業務状況につき情報を共有した。この結果、主要な取引・決済システムや市場参加者は正常な稼働を続けていることが確認されたため、市場慣行変更の推奨等を行うには至らなかった。」(決済システムレポート)

 14日の金融市場では、震災の影響が十分に把握できないもとで、先行きの不確実性が強く意識されたことに対応し、日銀は9時1分(過去最大規模の7兆円)、10時30分(5兆円)、12時50分(3兆円)の3回に分けて、総額15兆円の即日資金供給オペを実施した。また、先日付オペについても、7月15日を最後にオファーを停止していた国債買現先オペを再開するなど、総額6.8兆円の資金供給オペを実施している。

 そして、14日から15日にかけて開催予定の日銀の金融政策決定会合は、14日のみの開催とし当初13時からとしていた開始時間を12時に早めた。この日、日銀は追加緩和を決定し、資産買い入れ基金を総額5兆円から10兆円に拡充した。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp




[PR]
by nihonkokusai | 2012-05-30 10:03 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31