牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

ユーロ諸国の財政事情

 欧州連合(EU)の統計局(Statistical Office of the European Communities)は4月23日に、加盟27か国の2011年中の財政状況を発表した。ちなみにEU統計局が発表する統計資料のことをまとめてEUROSTAT(ユーロスタット)と呼んでいるが、EU統計局そのものをユーロスタットとも呼んでいるようである。

 ユーロスタットのサイトのアドレスは、下記となる。
http://epp.eurostat.ec.europa.eu/portal/page/portal/eurostat/home/

 今回発表された「Provision of deficit and debt data for 2011 - first notification」は下記のファイルとなる。
http://epp.eurostat.ec.europa.eu/cache/ITY_PUBLIC/2-23042012-AP/EN/2-23042012-AP-EN.PDF

 まずEuro area (EA17)、つまりユーロ圏17か国での公的債務残高はGDP比で87.2%となり、2010年比で1.9ポイント上昇している。 ユーロ圏の債務残高のGDP比は1999年のユーロ創設以来の最高水準を更新した(日経新聞)。ユーロ全体の債務残高は8兆2153億ユーロと、日本円で約870兆円に膨らんだ。また、ユーロ圏の2011年の財政赤字のGDP比は4.1%となっている。EUで定め競れている財政規律の基準は3%である。

 それではユーロ圏17か国に関して、同様に2011年の公的債務残高のGDP比、債務残高、財政赤字を確認してみたい(以下、公的債務残高のGDP比の大きい順)

ギリシャ(Greece)、公的債務残高のGDP比165.3%、債務残高3556億ユーロ、財政赤字のGDP比9.1%

イタリア、公的債務残高のGDP比120.1%、債務残高1兆8972億ユーロ、財政赤字のGDP比3.9%

アイルランド(Ireland)、公的債務残高のGDP比108.2%、債務残高1693億ユーロ、財政赤字のGDP比13.1%

ポルトガル(Portugal)、公的債務残高のGDP比107.8%、債務残高1843億ユーロ、財政赤字のGDP比4.2%

ベルギー(Belgium )、公的債務残高のGDP比98.0%、債務残高3617億ユーロ、財政赤字のGDP比3.7%

フランス(France)、公的債務残高のGDP比85.8%、債務残高1兆7173億ユーロ、財政赤字のGDP比5.2%

「参考、イギリス(United Kingdom)、公的債務残高のGDP比85.7%、債務残高1兆2926億ユーロ、財政赤字のGDP比8.3%」

ドイツ(Germany)、公的債務残高のGDP比81.2%、債務残高2兆885億ユーロ、財政赤字のGDP比1.0%

オーストリア(Austria )、公的債務残高のGDP比72.2%、債務残高2174億ユーロ、財政赤字のGDP比2.6%

マルタ(Malta )、公的債務残高のGDP比72.0%、債務残高46億ユーロ、財政赤字のGDP比2.7%

キプロス(Cyprus)、公的債務残高のGDP比71.6%、債務残高127億ユーロ、財政赤字のGDP比6.3%

スペイン(Spain )、公的債務残高のGDP比68.5%、債務残高7350億ユーロ、財政赤字のGDP比8.5%

オランダ(Netherlands)、公的債務残高のGDP比65.2%、債務残高3925億ユーロ、財政赤字のGDP比4.7%

フィンランド(Finland )、公的債務残高のGDP比48.6%、債務残高930億ユーロ、財政赤字のGDP比0.5%

スロベニア(Slovenia)、公的債務残高のGDP比47.6%、債務残高170億ユーロ、財政赤字のGDP比6.4%

スロバキア(Slovakia)、公的債務残高のGDP比43.3%、債務残高299億ユーロ、財政赤字のGDP比4.8%

ルクセンブルグ(Luxembourg)、公的債務残高のGDP比18.2%、債務残高78億ユーロ、財政赤字のGDP比0.6%

エストニア(Estonia)、公的債務残高のGDP比6.0%、債務残高10億ユーロ、財政黒字のGDP比1.0%

 ユーロ圏が定める公的債務残高上限の60%以下となったのは、フィンランド、スロベニア、スロバキア、ルクセンブルク、エストニアの5か国にとどまった。また、財政赤字のGDP比3%以下の国は、エストニア、ルクセンブルグ、フィンランド、マルタ、オーストリア、ドイツとなった。

 この数字を見る限り、先週まで懸念を強めたスペインや、総選挙が実施されることになったオランダなどはさほど懸念する必要はないようにみえる。ただし、スペインは国内銀行の不良債権問題が注視され、オランダについては政局の先行き不透明感が残り、これについてはフランスも同様となる、それでもユーロ圏諸国の公的債務残高のGDP比がそれほど大きく見えないのは、あまりに大きな日本の数値に見慣れてしまったためであろうか。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp




[PR]
by nihonkokusai | 2012-04-25 07:59 | 財政 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31