「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「物価連動債が再び下落基調」

 ここにきてまた物価連動債が売られている。特に投資家からの売りが入ったとの見方は少なく、業者によるポジション整理の動きが主因でないかと見られている。今年4月に物価連動債に係る譲渡制限の緩和され、外国法人等が譲渡対象に追加されたが、思いのほか海外投資家によるニーズは少なかったと見られ、6月 7日に入札が実施された第4回債などでは業者がやや在庫を抱えていたと思われる。

 物価連動債の問題点として、会計処理の問題が取り上げられているが、元本減少リスクがある複合金融商品になるため、原則として利付国債部分とデリバティブ部分を区分処理する必要がある事に加え、会計上時価評価の必要がある。このため業者もタイミングによっては手持ちの在庫を処理必要があるため、その分が市場に売りが出されて価格が下落しているものと見られる。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-07-12 13:12 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー