牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

日銀議事録にみる同時多発テロの際の対応

 日銀は2001年7月から12月にかけて開催された日銀の金融政策決定会合の議事録を発表した。今回発表された議事録の中で、2001年9月18日開催の際は9月11日の米国での同時多発テロ後の会合であり、かなり注目度も高かったことで、この議事録の内容を確認したい。その前に、ここでも当時の様子を私のメモから追ってみたい。

 9月11日の米国同時テロによって米国の金融システムの中心地が大きな被害を受けた。崩壊した世界貿易センターには数多くの金融機関のオフィスがあり、金融システムも一時機能不全に陥っていた。しかし、米国の金融機関のバックアップシステムは完備しておりFEDなどの懸命の対応により米国債の取引は13日に再開された。かろうじて1万円台をキープしていた日経平均はついにこの大台を割り込んだ。中間期末も迫り、金融機関の保有する株式の含み損はさらに膨らむ懸念もある。こういったことから18~19日に実施される日銀の金融政策決定会合において追加緩和策が打ち出される可能性も強まってきた。(9月13日)

 FRBは株式市場の開始前に緊急利下げを実施した。またFRBに促されるように欧州中央銀行やカナダも利下げを決定した。日銀も本日の決定会合において追加緩和を決定する。実際にはグリーンスパン議長が半ば強引に金融緩和を勧めたとの見方もあった。緩和策に消極的な連銀メンバーを説得し、いったんは緩和を見送った欧州にも協力を要請したと思われる。日銀も動くだろうと見られていたが、朝方、速水総裁は「金融政策、今日は決めない」と消極姿勢。しかし実際には決定会合が開始されてから「今日中に議事を終了させることになった」と日銀はコメント。(9月18日)

(以上は「債券ディーリングルーム」の「若き知」より)

 さて、9月18日の日銀金融政策決定会合記事録では、2時の開会の際、速水総裁(当時)から、「今回の会合では日本銀行としてできるだけ速やかに金融政策運営を決定して公表する必要があると考える。そこで今回の会合は、本日中に金融市場調節方針の決定を行って公表することを目指して議事を進めたい」との発言があった。

 この開始時間までには、18日から19日にかけての開催予定を1日に短縮し、18日当日に金融政策を決めることを事前に打ち合わせたと思われるが、この日の朝方に「今日は決めない」と言った速水総裁の意見が変わったのは何故か。このあたりは議事録からは読み取れない。ただし、この会合には企画室審議役として白川方明氏(現日銀総裁)が参加している。昨年8月の金融政策決定会合では、やはり日程を短縮して追加の金融緩和策を決定したが、これには2001年9月18日の会合の経験なども生かされたのではないかと思われる。

 議事録に戻ると、「金融経済動向についての執行部からの報告」では、主に同時多発テロによる金融市場の動向などの説明とともに、日銀がこれを受けて13日に既往最大の2兆円のオペを実施したことなどが説明された。その後、議長がECBの利下げについての補足説明を求められた平野国際局長が次のような発言をしていた。

 「ECBの公表文から見ると・・・ユーロエリアの景気の状況で、いつ下げてもおかしくなかった状況なので、そうした状況を見ながら、加えて米国の動きを見ながら機動的に判断したのではないかと思う」との説明であった。

 これだけではFRBとECBがどのような連絡を取り合ったのか、そして日銀にはどのような連絡があったのかはわからないが、「判断したのではないかと思う」という言葉からは、この際には協調態勢がしっかりと確立されていたわけではなさそうである。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp




[PR]
by nihonkokusai | 2012-02-02 10:17 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31