牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

日本政府による財政再建の歴史、小泉政権以降

 ここで1998年度からの新規国債の発行額の推移を見てみたい。1998年度の15兆5570億円から1999年度は31兆500億円に膨らみ、2000年度は32兆6100億円、2001年度28兆3180億円と高水準が続いた。

 1999年6月に「緊急雇用対策及び産業競争力強化対策」、11月には17兆円規模の「経済新生対策」が策定され、2度にわたる補正予算が編成された。2000年4月に森政権が発足したが、12月に「日本新生のための新発展政策」、2001年4月には「緊急経済対策」が策定されるなど景気回復に向けた取り組みが進められた。

 2001年4月に発足した小泉政権では、財政構造改革に取り組むこととして、経済財政諮問会議を中心として「骨太の方針」(経済・財政運営の基本方針)をまとめた。2006年7月には2010年代半ばまでに、安定的な経済成長を維持しつつ、国・地方それぞれの債務残高対GDP比を引き下げることとし、2011年度には基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化する目標が掲げられた。

 基礎的財政収支とは、国の税収から国債の利払費・償還費を除いたものから、政府支出を差し引いたものである。基礎的財政収支が均衡すれば、毎年度の税収等によって、過去の借入に対する元利払いを除いた毎年度の歳出を賄うことができる。国債の元利金払いに充てる国債費と、新規に発行する国債の金額がほぼ同額となりプライマリーバランスが均衡し、その上で金利と名目成長率がほぼ同じになれば新たな借金は増えないことになる。

 小泉政権は発足時、新規国債を30兆円に抑えるとの目標を掲げた、2002年度は30兆円ちょうどに押さえたものの、2003年度は36兆4450億円、2004年度は36兆5900億円、2005年度34兆3900億円と30兆円を超える新規国債が発行された。

 2006年から2008年にかけては中国などの新興国向けの輸出やアメリカの個人消費の伸びなどに支えられ景気拡大が続いたことから税収も増加し、国債発行額はやや抑えられた。新規国債発行額は、2006年度は29兆9730億円、2007年度は25兆4320億円、2008年度は25兆3480億円となった。

 しかし、2008年9月のリーマン・ショックにより世界的な金融経済危機が発生した。金融と実体経済の負の連鎖が世界で最も懸念された問題となり、日欧米が景気後退となるなどの事態となり、世界的に大規模な景気刺激策が打ち出された。2008年9月に発足した麻生政権も12月に37兆円規模の「生活防衛のための緊急対策」、2009年4月には56.8兆円規模の「経済危機対策」を打ち出した。

 新規国債発行額は2009年度に33兆2940億円、2010年度には44兆3030億円に膨らんだが、2000年度あたりからの国債発行額の増加には、年々増加し続ける社会保障費が大きく影響していた。2000年代に入ってからは公共事業費は削減されたものの、その分、高齢化にともなう社会保障費が膨らみ続けそれが財政悪化の大きな要因となったのである。

 このため2010年6月に閣議決定された「財政運営戦略」においては、国及び国・地方の基礎的財政収支赤字の対GDP比を、2015年度までに2010年度の水準から半減し、2020年度までに黒字化させた上で、2021年度以降において国・地方の公債等残高の対GDP比を安定的に低下させるとした。

 これに向けて2011年9月に発足した野田内閣は消費増税を含む社会保障と税の一体改革を強力に推進することとし、2012年1月に2014年4月に8%、2015年10月には10%へと引き上げることを社会保障と税の一体改革の素案に明記された。

 ちなみに2011年度の新規国債の発行額は44兆2980億円、そして2012年度は44兆2440億円となっている。今回のコラムのタイトルは「日本政府による財政再建の歴史」としてしまったが、このように現実は「日本政府による財政再建先送りの歴史」であった。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp




[PR]
by nihonkokusai | 2012-01-13 09:42 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー