牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

牛熊ゼミナール金融の歴史第29回 フランスやドイツにおける中央銀行設立

 1800年にナポレオン・ボナパルトがフランス内の貨幣統一を目指し、国家管理のフランス銀行(Banque de France)を設立しました。1803年には銀行券発行の独占権が認められ、1805年以降は国家が総裁と2人の任命権を持つようになりました。

ドイツでは国家公認の発券銀行として1835年にバイエルン不動産銀行、1838年にライプチッヒ銀行が設立されました。1846年に王立銀行がプロイセン銀行と改組され、1851年以降はプロイセンの首相が同行の頭取を兼任しました。1875年に連邦におけるプロイセン銀行の後継としてライヒス・バンクが設立されました。

 ベルギーにおいては、1851年にベルギー国立銀行が設立されました。他の銀行は新しい国立銀行の株の保有と引き換えに自前の銀行券の発行を停止し、これにより事実上、ベルギー国立銀行が銀行券の発行権を独占したのです。ちなみに、日本銀行の設立にあたっては、このベルギー国立銀行がモデルとされたのです。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html
[PR]
by nihonkokusai | 2011-11-08 11:40 | 金融の歴史 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31