牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

牛熊ゼミナール金融の歴史第19回 徳川家康の経済政策

 関が原の戦いを制した徳川家康は、江戸や東海道筋などに親藩、譜代の大名を配置し、外様大名を地方に配置しました。さらに豊臣時代からの徳川家の蔵入地に加え、大阪や長崎、鉱山など重要な要地は「天領」という直轄地とし、そこからの年貢収入などが幕府の財政基盤となりました。1615年に出された一国一城令により、大名の居城を残しその他の城はほとんど廃城としました。これは大名の軍事力を弱めることが目的でしたが、これにより城下町がさらに発展することになり、城下町を中心に経済圏が形成されました。

 鎖国政策により、オランダや中国、朝鮮、琉球との貿易は幕府が独占することで、西国大名による貿易利益の獲得機会を消滅させ幕府の経済力を高めました。さらに海外からの情報も幕府に集中させたことによって、国際相場と乖離した金との価値の設定も可能となったのです。

 参勤交代制度は、移動の際に大名行列という大掛かりな行進を行う必要があり、費用がかさみ結果として大名の財政を圧迫することになりました。旅費とともに江戸での生活費用も負担となり、また街道の整備や宿場の整備などにも費用がかかる反面、江戸や宿場が賑わうなどの経済効果も生み出したのです。大名の経済出費には基本的に貨幣を使用することになり、そのためには幕府の公認貨幣の入手が必要となり、幕府の経済体制が全国に浸透することにもなりました。

 菱垣廻船や樽廻船や、河村瑞賢による湾岸航路の開拓などにより、日常生活物資や年貢の輸送のための海上輸送手段も整備され、江戸や大阪を中心とした大都市商業圏が形成されていったのです。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html



[PR]
by nihonkokusai | 2011-10-24 17:27 | 金融の歴史 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31