牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

9月の公社債投資家別売買高に見る投資家動向

 日本証券業協会は20日に2011年9月の公社債投資家別売買高を発表した。これによると、信託銀行が1兆9923億円、生損保が1兆2634億円、外国人が1兆282億円のそれぞれ買い越しとなっていた。

 ちなみに都市銀行も3491億円、地方銀行は9428億円、そして農林系金融機関も4989億円とそれぞれ買い越しになるなど、信用金庫の1099億円と個人の売り越しを除いてほとんどのセクターで買い越しとなっていた。

 この多くの部分は国債であるとみられることで、今度は同時に発表された国債投資家別売買高から期間別の内訳を見てみると、都市銀行は超長期を6908億円買い越し、長期債を3196億円売り越しとなっており、長期債から超長期債に乗り換えたようである。また、地方銀行は中期債を6803億円買い越していた。

 信託銀行は長期債主体に買い越しており、長期が1兆1980億円、超長期3694億円、中期3660億円とそれぞれ買い越しとなっている。農林系金融機関は超長期4016億円の買い越し、生損保も超長期が9163億円の買い越しと多いが長期債も2145億円、中期債も1259億円の買い越しとなっている。

 そして外国人であるが、長期債を7134億円、中期債を2647億円それぞれ買い越しとなっており、国庫短期証券を8兆7018億円買い越している。ただし、8月に外国人は国庫短期証券を16兆6609億円買い越しており、それから比べると買い越し額は半分近くになった。欧州の信用不安によるリスク回避にともなう逃避資金の流入は続いているが、金額そのものは減少したようである。

 8月に比べて目立つところは都市銀行の超長期債への買い越しと、信託銀行による長期債への買い越しか。9月の債券相場は8月に続いて債券先物で142円から143円の間でのレンジ相場となっていたが、9月は比較的142円台後半で推移することが多く堅調地合となっていた。この中にあって現物債は長期債が1%近辺で推移していたのに対し、超長期債は20年債主体に買い進まれていたが、これは都市銀行の長期債から超長期債への入れ替えなどが影響していたものとみられる。長期債は信託銀行、中期債は地方銀行を主体に、そして超長期債は生損保とともに都銀の買いが下支えとなっていたようである。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html



[PR]
by nihonkokusai | 2011-10-21 09:47 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー