牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

海外からの日本への債券投資の動向

 11日に財務省は8月の国際収支状況(速報)を発表した。この中で、財務省のサイトにアップされた付表3にある対外・対内証券投資のうち、対内証券投資(地域別内訳)を見てみたい。

「国際収支状況」 財務省
http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/balance_of_payments/release_date.htm

 この中でまず中国は、短期債が差し引き3456億円買い越しと、昨年10月以来の買い越しとなっていたが、中長期債については1667億円の売り越しとなっていた。

 8月の中長期債の買い越しが目立ったのはフランスの2598億円の買い越しである。フランスは昨年10月も2395億円の買い越し、また今年4月も1322億円の買い越しとなるなど日本の債券市場の上昇局面で買いを入れている。

 中国も今年4月に中長期債を1兆3300億円買い越し、5月も4971億円買い越していたが、6月には5085億円の売り越しとなるなど、ここにきて中長期債のポジションをやや調整させてきている。

 また、日本の債券への投資額が多い英国を見てみると、そのかなりの部分はヘッジファンドなどを経由してのものとよるとみられるが、昨年9月に1兆2353億円買い越してからは、11月から12月にかけてそれぞれ3024億円、8405億円の売り越しとなるなど相場下落時に売却を行なっていた。その後、1月から3月にかけては3896億円、3525億円、4908億円と再び買い越しとなり、5月には1兆7876億円の買い越しとなり、この月の相場上昇に影響を与えていた可能性がある。しかし、6月から7月にかけては3752億円、3423億円の売り越しとなり、相場が再び上昇していた8月も31億円の売り越しとなっていた。

 英国の短期債投資を見てみると8月は9兆9721億円の買い越しとなり、ここ一年の中では最大規模の買い越し額となっている。これは欧州の債務不安などにより、安全資産として一時的に円債に資金が滞留したためとみられる。

 ここ一年の海外からの日本の債券、それは主に国債と思われるが、その投資の動向を見てみると、英国経由の資金が相場の上げ下げを助長しているように見られ、フランスも似た動きながら英国とはタイミングをやや異にしている。中国については、今年4月から5月にかけて保有する日本の債券の残存年数を延ばしてきたが、その動きはどうやら一時的であったように思われる。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 毎営業日の朝と夕方にその日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。
10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼には、コラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html


[PR]
by nihonkokusai | 2011-10-12 08:22 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー