牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「朝日新聞一面に、量的緩和を来春にも解除との記事」

 本日の朝日新聞の一面は、「量的緩和を来春にも解除」との記事であったのだが、何故今になってこの記事を一面に持ってきたのか、やや不可解な部分があり気になる。もちろんこれまでに朝日自体が量的緩和解除に関する記事をあまり出していなかったためもあるのかもしれない。大きなニュースがない場合には、こういった記事で一面を埋めるといったこともよくある。もし、それならば事前にある程度の準備も進んでいたはずである。しかし、ネットでこの記事が配信されたのは10時頃であった。急遽、一面トップにこの記事を入れてきた可能性もありそうである。

 それにも関わらずその内容にはあまり新鮮さはない。すでに今月末発表される展望リポートにおいて、2006年度のCPIの見通しについても0.3%の上昇から0.1か0.2ポイント程度引き上げる方向で検討するとは日経新聞などで報じられており、これはスクープといったものにはならない。「(CPIは)年末にかけてゼロ%ないし若干のプラスに転じる」との見方も、すでに会見などで福井総裁は繰り返し述べているものである。

 もし何がしかのスクープのようなものが含まれるとすれば、政府の見方であろうか。量的緩和解除のための3条件を達成すれば、解除に対する政府の反対は少ないとの「見方もある」としている。3つめの条件を確認する上では来年3月の日銀短観の結果が出る来年4月ごろの解除が有力であるとしている。もちろん来年4月末の可能性というのはマーケットではコンセンサスにすでになりつつはあるが。

 そして「政府内では景気回復を前提に財政再建路線を強める動きがあり」とも指摘している。小泉首相の在任中に脱デフレ宣言はしたい意向も強いことも確かであろう。最近になって、日銀に向けての竹中氏のトーンがややダウンしているという印象を個人的に持っていたが、今回の朝日の記事はこういった微妙な政府の日銀の姿勢への対応の変化を示しているとも取れるのではないかとも考えられる。

 あまり穿った見方も禁物であり、日銀の記事でやや乗り遅れたとみた朝日がここにきてトップに持ってきたといった解釈もあるかもしれない。ネットへのアップの遅れも別途事情があってのものの可能性もあるため、あくまで個人的にこの記事がやや気になったというも付け加えておきたい。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-10-24 10:58 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー