牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

ソブリン格付けの意味

 米国の大手民間の格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、8月6日に米国の長期格付けを最上位のAAAからAA+に1段階引き下げた。これに対しフィッチ・レーティングスは米国の長期信用格付けはAAAを維持し、アウトルック(見通し)を安定的とし、ムーディーズ・インベスターズ・サービスも米国格付けは最上位に据え置くと発表していたことで、今回はS&Pだけが格下げに動いた格好となった。

 S&Pの格下げによる米国債への影響は限られ、むしろ米国債は質への逃避の動きから買い進まれた。これは、民間格付会社が格付けを1ノッチ引き下げたからといって、投資家が保有する大量の米国債をいきなり売却することは考えづらく、金融市場における信用度、そして流動性などを見ても、ほかに代替資産が見当たらないためである。 ただし、米国の格付会社が自国の国債の格付けを引き下げということは、ある意味、ショッキングな出来事でもあり、マスコミでも大きく取り上げられた。

 そして、今度は日本国内の大手格付会社が日本国債の格付けを引き下げる可能性が出てきた。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、格付投資情報センター(R&I)のアナリストは、来年度の予算に想定以上の緊縮財政措置が盛り込まれない限り、年内にも日本国債の格付けを引き下げる可能性が高いと警告した。

 日本国内の代表的な格付け会社に格付投資情報センター(R&I)と日本格付研究所(JCR)がある。このうちR&Iは2001年3月から日本国債格付けの見通しをネガティブとしていたが、格下げそのものは見送ってきていた。

 ムーディーズやS&Pが日本国債の格下げを行なっても、ほとんど市場が動揺しなかったのは、国内格付会社が格下げをしてこなかったこともひとつの要因である。このため、もしR&Iが日本国債の格下げを行なうとすれば、国債を保有する投資家に動揺が走る可能性はある。

 格付会社が国に付した格付けをソブリン格付けというが、その誕生は1920年代と格付けの歴史の中でもかなり古くからある。そして、日本国債に対する海外の格付会社による評価は、古くは1930年代に始まるとされている。

 1998年11月にムーディーズ・インベスターズが日本国債を最上級のAaa格からAa1格に引き下げたことが大きな話題を呼んだが、その後、ムーディーズはA2格まで、S&PはAA-格までの引き下げを行った。

 この背景には、日本政府の財政赤字が大幅に拡大したことがあるが、日本の大手格付会社であるR&I(格付投資情報センター)及びJCR(日本格付研究所)の2社は、日本の格付けをAAA格から引下げこなかった。

 債務の拡大は続いていても自国の国債の格下げをしてこなかった米国と日本の格付け会社であるが、米国ではS&Pが米国債を格下げし、今度は日本の格付会社のR&Iが日本国債を格下げするとなれば、債券市場そのものへのインパクトは限定的であったとしても、ソブリン格付けのあり方があらためて問われることにもなりそうである。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

「牛さん熊さんの本日の債券」をメルマガで配信しております。
登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。
価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html
[PR]
by nihonkokusai | 2011-08-22 08:22 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー