牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

日銀の国債引受に関する石田日銀審議委員の発言

 6月30日に日銀審議委員に就任した石田浩二氏の就任会見の内容が日銀のサイトにアップされているが、今回はその中から気になる点をピックアップしてみたい。

 会見要旨を読んでの印象としては、特にタカ派、ハト派的なコメントは見えず、日本経済の現状などはこれまでの日銀のシナリオを世襲している感じである。ただし、日銀の国債引受についての発言に違和感を覚えた。

 記者から「復興に絡んだ財源として、増税によらずに、日銀の国債引受けで対応する、あるいは全額の買いオペレーションで対応するように求める声が一部であります。こういった日銀の国債引受け論については、どのようにお考えでしょうか。」との質問に対して、石田審議委員は下記のように答えている。

 「両面の議論があろうかと思いますが、私自身は今まで検討する立場になかったので深い考えはありません。ただ、長年に亘り実務の世界にいると、今までやっていなかった日銀引受けをした場合に、どのようにマーケットは捉えるだろうかという事については考えられます。」

 まず、両論の議論があろう、との発言であるが、総裁を含め日銀にいる現場の関係者からの発言について、これまで両論、特に反対側にある日銀による国債引受容認論については、私の知る限り聞いたことがない。ある程度、今回の会見については日銀の関係者とともに事前に想定問答を準備していたと思うが、それでも「両論」との言葉を使ったということは、今まで検討する立場になく初めての会見という面はあったにしろ、本人には日銀による国債引受を完全に拒否する意思はなかったのではないかとも思われるのである。

 「マーケットには、非常に微妙なところ、保守的なところがあります。諸外国でも日本でも今までやっていなかったことが起こると認識した場合、マーケットはネガティブに反応する可能性が強いと思います。」

 日銀引受はこれまでやったことがないからマーケットがそれで反応して困るようなものではない。マーケットは確かに保守的な面があることは認めるが、だから過去やったことがないものをやると過剰反応するから問題とするのには違和感がある。そもそもやってはいけないことをやるかどうかを問題視すべきものであろう。今回のコメントには財政法について触れていないのも気掛かりである。

 「また、格付機関等もネガティブな反応をするだろうと思います。そうすると、例えば国債の格付けが下がると、それにつれて日本の主要企業の格付けも下がる可能性が高い。この前そのようなことが起きました。そうすると日本の企業の国際競争力にも問題が生じます。そういう意味では、避けるべきことかなというのが実務的にみた場合の反応です。」

 たしかにギリシャの債務問題は格付機関による格下げが問題をさらに深刻化させた面があり、格下げを危惧する気持ちはわからなくはない。しかし、日銀の国債引受の実施に伴って、格下げ、それも日本企業の格下げへの影響を心配すべきものであるのか、これもやや筋違いのように感じる。

 私自身、財政法で禁じられている日本国債の日銀引受については絶対にするべきではないと認識しているため、日銀の新審議委員がこのように国債引受を完全に拒否しなかったことに警戒しすぎている面もあるかもしれない。

 しかし、国債をよく知る人達からも日銀による国債引受容認論が出てきていることも確かであり、個人的にはこのような動きをかなり警戒している。このため実際に国債引受をどのように認識しているのか、今後の石田審議委員の発言内容にも注意していきたいと思う。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

「牛さん熊さんの本日の債券」をメルマガで配信しております。
登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。
価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html
[PR]
by nihonkokusai | 2011-07-05 08:18 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー