牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

ダイアモンド氏はFRB理事候補を辞退か

 2010年のノーベル経済学賞を受賞したピーター・ダイアモンド・マサチューセッツ工科大学教授は、FRB理事候補を辞退する考えを明らかにしたと報じられた。ニューヨーク・タイムズに掲載された同氏の「ノーベル賞が十分でない場合」と題したコラムで、「ホワイトハウスに伝えるつもりだが、辞退する時だと思う」との考えを示したそうである。

 ダイアモンド氏のFRB理事就任は、上院銀行委員会で承認されたものの、シェルビー上院議員(共和党)などの反対で上院本会議での承認が拒否されている。理事就任の反対理由としてシェルビー上院議員は、同氏が金融政策分野での経験が浅いと批判しているようである。

 日本でも2008年3月に日銀総裁の後任人事を巡り、ねじれ国会による民主党の反対により福井総裁の任期満了までに次期日銀総裁が決まらず総裁空席という異常事態を引き起こした。米国でも同様に、ねじれ国会の影響により、ノーベル経済学賞を受賞した教授がFRB理事候補を辞退するような事態を招いたようである。

 もちろんノーベル賞を取ったからといってFRB理事として適任であるかどうかの判断は難しい。金融政策分野での経験の乏しさもマイナス要因かもしれないが、ダイアモンド氏は失業問題の権威であり金融政策にも十分に、その力を発揮できるのではないかと思われる。

 2008年3月での武藤副総裁の総裁就任に対する反対理由として、当時、民主党の鳩山氏は「一言で言えば、日銀の独立性という観点だ。武藤氏はミスター財務省だ」などと語り、「財政と金融の分離」の観点から昇格は受け入れられない立場を説明していた。その民主党内から日銀の独立性を脅かすような発言をする議員が出ているが、そっちの方が問題であろう。それはさておいても財務省出身だから反対するというのは、あまり理由にはならない。財務省と日銀はある程度の連携も必要であり、その意味で武藤氏の就任はむしろ適切であったように思う。今更ではあるが。

 ダイヤモンド氏は自らのFRB理事就任を巡る政治上のゴタゴタに嫌気が差して、自ら身を引くことにしたのであろうか。これでまだノーベル賞は受賞していないバーナンキ氏(現FRB議長)もホッとしている、なんていうことはないと思うが、ノーベル賞受賞者の理事というのも見てみたかった気がする。

 ちなみに、連邦準備制度理事会(FRB)は、14年任期の理事7人によって構成されている。理事の中から議長・副議長が4年の任期で任命される。議長・副議長・理事は大統領が上院の助言と同意に基づいて任命する。ちなみに1935年の銀行法制定の際に連邦準備委員会は、現在の連邦準備制度理事会と名称が改められたが、現在使われている米1ドル札はこの1935年から発行されている。

 2011年の理事会メンバーはバーナンキFRB議長、イエレンFRB副議長、デュークFRB理事、ラスキンFRB理事、タルーロFRB理事である。ウオーシュFRB理事が3月末で辞任したことで、現在の空席は2つとなっている。

 連邦公開市場委員会 (FOMC) は、FRBが定期的に開く会合で、FRB理事7人(現在は5人、空席2人)と連邦準備銀行総裁5人(ニューヨーク連銀総裁と、持ち回りで選ばれる地区連銀の総裁4人)で構成される。本来ならば数の上ではワシントンの理事会メンバーだけで過半数の票が取れることで理事会の意向が反映されやすいとされているが、現状は数の上だけで見ると拮抗しており、そのような状況にはなっていない。ただし、バーナンキ議長の意向がかなり反映されていることは確かであると思われる。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

「牛さん熊さんの本日の債券」をメルマガで配信しております。
登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。
価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html
[PR]
by nihonkokusai | 2011-06-07 08:21 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー