牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

復興増税ではない消費税増税の議論が必要

 NHKの世論調査によると、東日本大震災からの復旧・復興の財源を確保するために増税を行うべきだという考え方について賛否を聞いたところ、賛成が26%、反対が31%で、反対が賛成を上回った。賛成が先月より6ポイント低下し、反対が5ポイント上昇した。

 復興増税については、野党側と民主党内非主流派が増税反対で足並みをそろえており、菅政権に対して揺さぶりをかけている。政府・民主党内では岡田幹事長らが今年度第2次補正予算編成では復興財源を増税でまかなう方針を明言しているが、世論の動きからみても増税そのものが難しくなる可能性がある。ちなみに、毎日新聞によると今国会会期内に小規模な2次補正が検討されているようである。この財源は国債発行によるとしている。

 すでに1次補正の財源として、当初予算において基礎年金に繰り入れるはずであった基礎年金の国庫負担割合(2分の1)を維持するための2兆4897億円を流用した。これについて政府は2012年度以降に増税し、年金財政にあく穴を埋める意向と伝えられている。しかし、このように震災直後の増税論議には慎重論も根強いことから、今回の転用分が確実に埋められるかどうかは不透明である。これが返済されるまでは、年金給付に足りない分は年金積立金を取り崩して賄う可能性も指摘されている。

 2012年度以降分を増税で賄うとの方針は、2011年度末までに消費税増税を法律で決め、その後に実施するとの順番が大前提となっていた。準備期間の関係により実際の増税は2014年度以降になる見通しだが、その間、年金積立金の取り崩しが続いても、将来の増税が法律で担保され返済の見通しがついていた格好となる。しかし、2011年度分も将来の増税でまかなうという前倒し方針は、法改正による増税の裏付けがなく、返済の保証もない状態にある。

 さらに震災による被害額は政府試算で16~25兆円とあり、2次補正では国債の増発は避けられない見通しとなっており、その財源としても消費税増税が念頭にあるようだが、それもままならないように状態にある。

 これらの動きは、実は過去何度が繰り返されてきたことでもある。将来の消費税増税を担保に社会保障費の伸びを容認してきたが、一向に消費税の引き上げは行われず、その結果、歳出は伸び続け、景気低迷もあって税収そのものは落ち込み、いわゆるワニの口が形成されている。

 震災を機に消費税増税に向けて今度こそ政府も重い腰を上げるかに見えたが、この状態では今回も増税が先送りされる可能性がありうる。確かに現時点での増税には景気への影響を加味すれば、反対意見が多いことも理解できる。しかし、これまでのつけのことも考えれば、そろそろ政府も決断しないことには、日本の財政そのものが持たなくなる危険性がある。

 そして震災後の日本復活のためには、日本における最大の懸念である政府債務の問題をある程度抑制させておく必要もあろう。重い荷物を引きずったままでは、身動きが取れない。少しでもその荷を軽くさせるための努力が必要となる。

 日本の政府債務についてはまだまだ安心、それよりデフレを解消するのが先決との意見も一部にある。確かにあと数百兆円程度の新規国債の発行余力がないとなれば、すでに国債への信認は失墜し国債価格は急落しているであろう。それだけの余力は現時点ではあると考えられるが、それでも毎年50兆円規模の新規国債を国内資金で消化できるには、その余裕の年数はそれほど多くないことも事実であろう。さらにまだ余裕があるからといって巨額の財政支出を行えば、当然ながら残りの期間が短縮されるだけである。

 日本の債務リスクが顕在化する前に手を打たなければ、取り返しがつかなくなる。そのためには、国民が震災のためということではなく、日本の先行きの展望を開かせるために増税はやむを得ないものであることを理解してもらうよう、政府も働きかける必要があるのではなかろうか。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

「牛さん熊さんの本日の債券」をメルマガで配信しております。
登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。
価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html
[PR]
by nihonkokusai | 2011-05-18 10:06 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31