牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

日本国債は持って6年という初夢のお告げ

 本年もよろしくお願いいたします。

 初夢とは1月1日に見る夢かと思っていたが、新年のある夜に見る夢で元日から2日の夜、または2日から3日の夜に見る夢とされることが多いそうである。そうであるならば、私が昨夜見た夢は初夢となるのであろうか。

 その夢とは、日本国債に関するものであった、国債を主体とした債券に関わる仕事を長らくやってきたが、これまで債券相場といった仕事そのものの夢を見ることはなかった。しかし、今回は何故か、日本国債に関してある方とお話をしている夢を見た。その方が日本国債は持ってあと6年と言っていたのである。これはつまり現在のような発行量が続けば、あと6年で国内資金を主体とする買いに限界がくるということを意味していると受け取った。

 あくまで私の夢の中の話であり、その6年に何らかの意味があるとは考えづらいが、6年という数字そのものは果たしてどこから来たのか。2015年や2020年の危機説があるが、2017年というのは聞いたことがない。それだけに妙に真実味のありそうな数字でもあった。

 三が日も国債や債券に関する本の原稿など書いていたこともあり、どうもその影響で国債の夢を見たのかもしれない。しかし、この夢のお告げは果たしてどう捉えてゆくべきか。もちろん夢に過ぎないとしてしまえばそれまでである。ところが、このことをツイッターで書き込んだところ、いきなりの反応があった。それだけ市場関係者もかなり気にしていることが伺える。

 あと6年かどうかはさておいても、現在のまま年間40~50兆円もの新規国債を発行し続けて行けば、いずれ日本国債は国内資金で賄えなくなる。そうなったときには、日本国債そのものが新たな局面を迎えることは確かである。それまでに何かしらの対応をすべきと夢は告げたかったのであろう。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

「牛さん熊さんの本日の債券」を10月1日からメルマガで配信しております。
登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。
価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。
http://www.mag2.com/m/0001185491.html
[PR]
by nihonkokusai | 2011-01-04 11:09 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー