牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「国債の知識、国債発行における決めごと」

前回の「国債の概念」で見てきたように国債の概念については財政法にあるが、それでは国債の発行にはどのような決めごとがあるのであろうか。それは憲法の第85条にある。

憲法 第85条 国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。

国債を発行するということは、国が債務を負担するということであり、そのためには憲法の規定により国会の議決に基づくことが必要とされている。つまり、日本の国債は憲法に基づいて、議会つまり国会の議決により発行されている。参考までに、米国では、合衆国憲法第一条第8項に、連邦議会の権限として、合衆国の信用に基づいて借入をすること、との規定がある。

憲法にある国会の議決とは、特に定めがないことから、法律によっても、予算によっても、あるいは他の形式でも差し支えはないものとされる。しかし、国債を発行する場合の議決はすべて法律という形式をとっている。

国債には建設国債、特例国債(赤字国債)、借換債、財投債という種類分けができるが、それぞれに発行するための発行根拠法が存在している。建設国債の発行根拠法は財政法第4条にあるように、公共事業費の財源として発行されるものである。それに対して赤字国債は発行されるたびに特別法を制定し、特例により発行されるたことで特例国債とも呼ばれているのである。

さらに発行目的による国債の分類として歳入債、繰延債、融通債という区分けがある。歳入債とは普通国債とも呼ばれ、様々な歳出需要を賄うための歳入を調達する目的で発行する国債で、新規財源債(建設国債と特例国債)と借換債、そして財政投融資特別会計国債(財投債)などが含まれる。

繰延債とは財政資金の支出に代えて国債を発行することにより、その国債の償還日まで支出を繰り延べる目的で発行される国債である。交付国債や出資・拠出国債が該当する。融通債とは国庫の日々の資金繰りを賄うための資金を調達する目的で、政府短期証券(FB)と呼ばれる一時的に発行される国債で財務省証券,食糧証券,外国為替資金証券、財政融資資金証券のことを指す。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-11-25 08:33 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー