牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「10月の都銀は長期債を大幅買い越し」

10月の公社債投資家別売買状況が日本証券業協会から発表された。短期証券を除いた公社債投資家別の売買高は都市銀行(長信銀等を含む)が9927億円、地方銀行10,437億円、信託銀行-8,210億円、 農林系金融機関3,733億円、第二地銀協加盟行3,346億円、信用金庫7,765億円、その他金融機関4,018億円、生保・損保5,636億円、投資信託2,024億円、官公庁共済組合272億円、事業法人3,197億円、その他法人1,594億円、外国人5,778億円個人-271億円その他-52,399億円、債券ディーラー2,488億円となった(マイナスは売り超し)。

また、国債の投資家別売買状況を見ると都銀は長期債を21,070億円買い越した半面、中期債を12,063億円、超長期債を3568億円売り越していた。また、超長期債は生損保が6982億円の買い越しとなっていた。この期間分けは発行時のものであり、実際の残存期間は異なる可能性はあるが、それでもメガバンクが10年債主体に大きく買っていたことは確かであると思われる。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-11-22 12:59 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー