牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「SP野望篇を鑑賞」

昨日、文化の日、久しぶりに家族総出で映画を観に行った。子供たちはドラマSPで岡田准一のファンとなり、親も夢中で見ていたこともあり観に行くことになった。内容を書いては、まだ観ていない方に失礼なので書かないが、シナリオにやや無理矢理さ(ドラマ当時も)はあるものの、なかなか面白いストーリー展開となっており、飽きさせなかった。

岡田君こと井上がつけていた腕時計もカシオのデジタルでドラマにつけていたものと同一と思われるなど、かなり細部にわたり3年のギャップを感じさせない作りとなっていた。アクションシーンはかなり派手であるが、岡田君はスタントマンなしで臨んだようである。これだけのアクションシーンを見せられる日本の若手俳優はいないのではないかと思うくらいであった。

途中のシーンで一箇所、えっと思わず口にしてしまったところがあった。とある宴会場シーンでのある階段とそのビルの入り口にあった「Grand Shinonome」との表示である。これって、つくば市の「グランド東雲」ではないかと。まさか自宅からそう遠くないところで撮影が行われていたとは。そういえば、ドラマ版でもつくば市の国際会議場が使われていたこともあり、今回もつくば市での撮影が行われたのであろうか。

SPの映画は二部作となっており、最終章となるSP革命篇(来年3月公開)が楽しみである。それよりも映画の予告篇で見た、「宇宙戦艦ヤマト」の実写映画化された「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(12月公開)がちょっと気になっている。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-11-04 10:47 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー