牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「今年度の国債の前倒し発行限度額を20兆円に引き上げへ」

国会に提出された今年度補正予算案の中の特別会計の予算総則に関する補正で、国債の前倒し債の限度額が当初の12兆円から20兆円に引き上げられた。「平成22年度特別会計補正予算」の「予算総則補正」の第6条に「平成22年度特別会計予算総則第10条第1項に定める特別会計に関する法律第47条の規定により平成22年度において翌年度における国債の整理又は償還のため借換国債を起債する場合のその限度額12,000,000,000 千円を20,000,000,000 千円に改める」とある。

http://www.bb.mof.go.jp/server/2010/pdfhdocs/201022001Main.html

この部分が前倒し発行の限度額となるが、今年度の限度額が増額されたことにより、来年度の国債発行の調整がその分可能となる。これは今年度の前倒し債の発行が順調に進んでいるためと思われる。ただし、あくまで限度額の引き上げであり、この20兆円をすべて使い切るわけではない。

大量の国債発行を円滑に行うために、借換債は年度を越えて前年度に前倒して発行ができる、いわゆる前倒し発行が可能となっている。これは翌年度の国債発行額を多少なりとも減額させられるときには借換債を前倒しで発行し、国債の安定消化を図るように調整するためのものである。たとえば年度間で借換を必要とする額に開きがある場合など、償還額を均すために前倒し発行が使われる。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-11-02 09:18 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー