牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「展望レポートで2010年のコアCPIはプラス0.1%予想」

日銀は経済・物価情勢の展望(展望リポート)を公表した。注目された2011年度の消費者物価指数(除く生鮮食品)は委員の中心値で前年度比プラス0.1%と、7月中間評価の見通しを維持させた。また2012年度は同プラス0.6%上昇とした。また、GDPの見通し(中央値)は2011年度がプラス1.8%、2012年度がプラス2.1%とした。

基準年の変更による影響については、今回も注記で下記のような記述にとどまり、影響は予測値には加味されなかった。

「今回の消費者物価の見通しは、現行の2005 年基準の指数をベースにしているが、統計作成当局は、同指数について2011 年8月に2010 年基準の指数に切り替えるとともに、前年比計数を2011年1月分に遡って改定する予定であることを公表している。その際には、前年比上昇率が下方改定される可能性が高い。」

この注記にもあるように、前年比上昇率が下方改定される可能性が高く、前回の基準年改訂によるマイナス0.5%までの下方修正はなくとも、それに近い修正がはいる可能性があり、実際のコアCPIの物価の予測値は展望レポートの数値よりもさらに低下する可能性がある。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-10-28 16:21 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー