牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「為替介入の仕組」

ここにきての円高対応策として、為替介入の可能性が指摘されている。8月12日の東京市場ではレートチェックも実施されたとみられ、介入の可能性も否定できない。現実には欧米でも自国通貨安を意識していることで、協調介入は考えにくい面もある。今回はこの為替介入とはそもそも何であるのかを再確認してみたい。

外国為替市場における介入は「外国為替平衡操作」と言われるが、この言葉にはあまり馴染みがない。「外国為替平衡操作」とは、中央銀行や財務省等の通貨当局が、外国為替相場に影響を与えることを目的に、外国為替市場で通貨間の売買を行うことで、日本においては円相場の安定を実現するために、「財務大臣の権限」において実施されるとある。要するに介入である。日銀は、財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づいて為替介入の実務を遂行している。日銀による為替介入という表現が良く使われるが、指示は財務大臣から出されている。

政府はこの為替介入資金を調達するために、外国為替資金証券(FB)を発行している。この外国為替資金証券は無制限な発行を防ぐため、毎年度の予算で発行残高の上限が規定されている。例えば、2003年度発行限度額は当初予算総則で決められた79兆円から100兆円に拡大した。更に2004年度予算案では発行限度額を140兆円に増額している。また、当時の臨時措置として、政府と日本銀行は、外国為替市場での円売り介入に使用する円資金が不足する場合に、政府が外貨準備で保有している米国債券を日本銀行に売却して必要とする円資金を調達することができる契約を結んだ。

参考までにこの外貨準備とは、通貨当局が為替介入に使用する資金であるほか、通貨危機などによって、他国に対して外貨建債務の返済などが困難になった場合に使用する準備資産である。その内訳は、大きく分けて、外貨証券、外貨預金、IMFリザーブポジション、SDR、金となっている。 財務省(外国為替資金特別会計)と日本銀行が外貨準備を保有しているが、日銀は、国際金融協力の実施などに備えて、外貨準備のうち、金と外貨資産の一部を保有しているにすぎない(金額で数兆円?)。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-08-17 11:04 | 国際情勢 | Comments(1)
Commented by トム男 at 2010-08-18 06:00 x
こんにちは。

「為替介入」
新聞紙上で、良く目にするようになった言葉ですね。
個人FXトレーダー達の間では、この動向が話題の
的です。

本当は自分で調べて、まとめて頭の中に記憶させなけれ
いけないところを、分かりやすくご提示頂いて助かりま
した。

意外にも、為替介入って、日銀がやるもんだという人が
多くて驚きます。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31