牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

牛さん熊さんの本日の債券

熊「ご無沙汰しております」
牛「7月はまったく顔を出さなかったことで、ついてに牛熊コンビは解散説も流れたようやが」
熊「強気と弱気が解散しちまったら、相場にならねえだろうが」
牛「しかし、いつの間にやら、日本の長期金利は1%を割り込んでいたようや」
熊「8月4日に10年309回債の利回りは0.995%をつけて、2003年8月以来の長期金利の1%割れだとか」
牛「7年ぶりというのは、惑星探査機のはやぶさが打ち上げられて地球に帰ってきたのも7年ぶり」
熊「そのはやぶさのカプセルを作者は昨日、つくばで見てきたそうだが、本当に良く帰ってきたなあ」
牛「ついでにデフレもまた帰ってきてしまったかのような、長期金利の1%割れとなったが」
熊「さすがに2003年には、VARショックと言われた国債価格の急落もあったことで」
牛「1%割れまでにはそれなりの時間も掛かり、1%割れそのものも一時的なものとなった」
熊「投資家さんもかなりの慎重姿勢であったしみられるけど、まだ過熱感といったものもなく」
牛「さすがにいったんは利益確定売りに押され、今日は1.060%に利回りは上昇していたようやが」
熊「1%割れは、はやぶさのイトカワへの着陸のようにワンタッチ、いや着陸は2回あったので、ツータッチとなるのかどうか」
牛「それには、意外と米国債の動向が焦点となる可能性がある」
熊「2003年に長期金利が0.43%まで低下した背景には、米国債が買われたことも大きな要因となっており」
牛「その後の相場急落のひとつのきっかけが、FRBによる追加緩和観測の後退による米債の反落があった」.
熊「来週には、日銀の金融政策決定会合とともに10日にはFOMCも開催される」
牛「追加緩和観測というか期待もあるようだが、とりあえず今日発表される米雇用統計を確認しないと」
熊「ということもあってか、今日の東京市場、日経平均先物そして債券先物は10時半あたりに、仕掛け的な動きがあった」
牛「日経平均先物にはまとまった買いが入り、債券先物にはまとまった売りが入った」
熊「雇用統計前でいったん、ヘッジファンドなどがポジションをアンワインドさせてきた可能性もある」
牛「その後、債券先物は後場に入りさらに下げる場面もあったが、大きくは崩れず」
熊「日経平均は再度下げ幅を拡大した場面もあったが、前日引け近くまで値を戻してきた」
牛「日経平均は前日比11.80円安の9642.12円での引け、そして債券先物は14銭安の141円87銭で引けている」
熊「今日の米雇用統計、来週の日銀の決定会合に、FOMC、そして米債の入札」
牛「日本でも5年国債の入札も予定されているが、こちらは銀行さんのニーズもあって特に問題はなさそうやが」
熊「来週はお盆休みを取る市場参加者も多いとみられ、東京市場は閑散に売りなしとなるのか」
牛「それは株式市場なのか、債券市場なのか」
熊「さて、どっちだろうか」
猫「iPhone4向けSIMカードが発売されると、ドコモ回線で利用可能になるそうね」
熊「作者はこのニュースを見て、ピクっとしていたぞ。どうやら、海外で販売されているiPadも利用可能となるとか」
猫「それよりも、おひさしゅうございます。作者さんは、ふたたびぼちぼちと登場させたいとお申しており」
牛「今後の牛さん熊さんの動向にもご注目いただければと存じます」
[PR]
by nihonkokusai | 2010-08-06 15:53 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー