牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「長期金利の2%という防波堤が決壊したら」

ここ10年以上も長期金利の2%が防波堤のような役割存在となっています。しかし、それが決壊し、長期金利が「悪い金利上昇」により2%を超えて大きく跳ね上がったとき時には、真の意味での国債需給への危機が訪れたというシグナルになります。つまり、これは国債への信認が失われはじめたつつあるということになるのです。

もしも、堤防が決壊し国債への信認が失われたされたとき時には、その経済に与える影響はギリシャ国債の比ではありません。日本の財政悪化の顕在化が抑えられていたのは、これまでの超低金利に支えられていた側面があり、その前提が崩れることで状況は一変します。

まず、日本国債がそのほとんどを国内資金で賄っていることが裏目に出る可能性があります。つまり日本の長期金利が2%を大きく超えてくるということは、国債価格の急落を意味します。国債を保有している銀行や、生損保、年金などが大きな含み損を抱えることとなります。

国債の信認失墜は、当然、日本の通貨である同様の信用力となっている円の価値も失墜させるでしょう。急激な円売りとともに、こちらは海外投資家の保有のも大きい日本株も、当然ながら暴落することが予想されます。

また、長期金利の上昇により、国債の利払い負担が増加することになり、これがさらなる財政悪化要因になります。

ある程度の長期金利の上昇により、米国債やドイツ連邦債などと比較して利回りの上から遜色がなくなれば、海外投資家からの日本国債への買いが入る可能性があります。しかし、格付け会社による日本国債のジャンク級にまで大幅に格下げするなど日本国債への信認は失墜も予想されることで、海外投資家による買い支えもあまり期待できません。

日本国債の消化が困難になるとなれば、これまでの海外の事例からみてIMFの管理下に置おかれる可能性が高いとみられます。しかし、あまりの巨額の債務残高のためで、IMFでも対応しきれなくなるという前代未聞の事例になる可能性もあります。

最後の手段として日銀による日本国債の直接引き受けが実施されることが想定されます。しかし、これはあくまで禁じ手です。一時的にはデフレが解消されるなどの効果もあるでしょうが、財政規律そのものが無視されるかたちとなり、それによるハイパーインフレをいずれ引き起こす可能性が高くなります。そして、戦後のように日本経済そのものがリセットされて初めて、日本の財政問題が解決するとなれば、その負担は国民自身にのしかかって来ることは必然なのです。

このような最悪の事態を発生させる前に、日本国債の信認を継続させ維持し、今後も国債の消化が順調に行われるようにしなければなりません。そのためには、政府は財政規律を守る姿勢を強化し、打ち立てた財政再建に向けた目標を達成させるするための努力が必要となります。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-07-26 18:11 | 国債 | Comments(4)
Commented by 348ts at 2010-07-27 10:17 x
まったく仰るとおりです。
なぜこういう真っ当な指摘がもっと大きくおきないのか・・・
不思議でなりません。
日銀を悪者にしてリフレ政策を声高に叫ぶ人に、この問題を意識しているような方をお見受けしたことはありません。
なぜなんでしょうか?
ある方は、日本の政府債務がここまで膨らんでいるのに、足元の長期金利は低下傾向にあることを「パラドックス」と表現しました。
この異常状態がいつまでも続くと錯覚してはならないと・・・

>IMFが対応しきれない
やはりそうですか。
陰謀論で纏めたくはないのですが、アメリカが巨額債務を消し去るために、日本を破綻させるというシナリオを目にします。
日本がリセットすれば、他の国もリセット又はそれに準じた状況に追いやられ・・・、予め覇権継続を用意周到に準備していた米国は独り勝ち・・・という物語です。
昨今のユーロ攻撃もその布石では?という見方です。
そんなにうまくいくとは思えませんが、ジャイアン国家ですから、「なんでもあり」を地で行くこともできるのでしょうか・・・
Commented by nihonkokusai at 2010-07-27 15:30
348tsさん、コメントありがとうございます。

風邪でやや熱がある中で、書いたため一部読みづらいところがあり、申し訳ございませんでした。修正しました。

米国の陰謀説、面白いですね。ただ、そうなった際には、米国だけでなくお隣の大国も存在感を強める可能性があるように思います。
Commented by ごんぞう at 2010-07-27 18:49 x
「その負担は国民自身にのしかかって来ることは必然なのです」とありますがこれはおおざっぱすぎると思います。
財政再建に協力するより国債を破綻させたほうが得する国民の数>損する国民の数
の可能性を考えておられないんでしょうか?
90歳になる私の祖父は「財政再建なんかには協力せんよ。このまま逃げ切るから」と言ってます。
貧乏な私の20歳の友達は「財政再建には協力しないよ。俺に失うものなんてないから。破綻するまで政治家を通して金持ちから国債で金借りまくるよ。馬鹿な金持ちが国債価格を維持するために買い支えてくれるからね。」
と言ってます。
私の近くで財政再建に賛成し国債価格の下落を心配してるのは、十分な銀行預金を持ち、これから退職金や年金をもらう予定の55歳の父だけです。
Commented by 348ts at 2010-07-27 19:25 x
牛熊さん
レスありがとうございます。夏風邪でしたか、大変でしたね。ご自愛ください。
それにしても読みづらい箇所などなかったような気がします。
しかし正しく
>堤防の決壊
という表現が妥当でしょうか。
いくときは一気に崩壊なのでしょうね。
それが何時になるのか、引き金は何なのか。どこからくるのか・・・
考えるだけで暗くなります。

陰謀説の方は、世に出回っている書籍だとちょっとニュアンスが違うようですが、もちろんお隣の大国も重要な存在感を示すでしょうね。
そのために米国債をむしろたくさん抱えさせているとも見れます。
「一蓮托生だよ」と
行き詰った資本主義経済のリセットを日本に押させ、世界一の債権国のくせに、自堕落で世界経済を崩壊させた劣等民族という汚名を後々まで着せられるのでしょうか・・・
そんなシナリオ考えたくもありませんが、
なにしろ独り相撲をとって土俵際でプルプルしている日本を、格付け機関などでちょこっと押してあげればアボ~ンでしょうから、ありえないシナリオともいえないのが日本人として悔しいです。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31