牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「来年度の新規財源債は2.2兆円以上の削減か」

 小泉首相と谷垣禎一財務相との会談で、来年度の一般会計予算において一般歳出と新規国債発行額をそれぞれ今年度予算以下にする方針で一致したと報じられた。一般歳出は今年度の47兆2829億円以下に抑制し、同様に国債の新規財源債についても、今年度に削減した額の2兆2000億円より大きく削り込み 32兆1900億円以下とする方針を明らかにした。これが実現すれば新規国債発行額は2002年度の当初予算の30兆円以来の水準にとなる見込み。(毎日・日経新聞など参照)

 2000年度からの新規財源債の推移(当初予算)を追ってみた。2000年度(平成12年度)は326,100億円、2001年度(平成 13年度)283,180億円、2002年度(平成14年度)300,000億円、2003年度(平成15年度)364,450億円、2004年度(平成 16年度)365,900億円、2005年度(平成17年度)343,900億円、そして2006年度(平成18年度)は321,900億円(予想)。

 確かに2004年度をピークに減少傾向とはなっていたものの、まだ30兆円を上回っていることも確か。小泉政権当時の公約を持ち出すわけではないが、まずは30兆円以下への減額な向けてさらなる努力を望みたいところである。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-10-06 09:44 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー