牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「プライマリー・バランスの段階的改善が目標か」

 30日付け日経新聞朝刊によると、政府が6月にまとめる中期財政フレームと財政運営戦略の素案が、29日に明らかになった。

 政府は今年6月ごろまでに、2011年度から3年間の複数年度予算を視野に入れた経済財政運営指針の「中期財政フレーム」と、中長期の財政健全化の道筋を示す「財政運営戦略」を策定する。

 財政健全化に向けて基礎的財政収支(プライマリー・バランス)を段階的に改善し、公的債務残高のGDP比の安定的な縮減を目指す目標を掲げる。その中には、経費に見合う財源を確保するという「ペイアズユーゴー原則」などの財政運営ルールの導入も盛り込む。

 ちなみにペイ・アズ・ユー・ゴー(Pay-as-you-go、PAYGO、ペイゴー)原則は、米国の1990年予算執行法の中で歳出管理のため設けられた、義務的経費及び歳入に関する新たな立法が財政赤字を増加させないようにする制度である。

 新規施策や制度変更により義務的経費を増加させたり減税を行う場合、同一年度内にその歳出増や歳入減に見合った義務的経費の削減又は増税が行われなければならないとされる制度である。仮にそれが行われない場合、義務的経費に対する一律削減が行われる(以上、財務省資料より)。

 財政健全化の最終目標については、「公的債務残高の対GDP比の安定的な縮減」とし、道筋としては中期財政フレームの設定、プライマリー・バランスの赤字を半減、プライマリー・バランスの均衡を達成、プライマリー・バランスの黒字を達成、の4段階を挙げる。ただし、目標時期については今後詰める。

 ちなみに国と地方を合わせた2009年度のプライマリー・バランスの赤字推計額は過去最悪の40.6兆円となっている(日経新聞)。

 そして、財政健全化の目標達成に向けて、財政規律を維持していくための財政運営ルールとして、ペイゴーのほか財政赤字を一定割合改善させる案などを検討するとしている。

 参考までに自民党が国会に提出した財政責任法案では、プライマリー・バランスを2020年度めどに黒字化、遅くとも2015年度までにプライマリー・バランス対GDP比を2010年度から半減させるとなっていたが、今回の政府案は自民党の内容とも、かなり近いものともなっている。

 3月28日のテレビ番組で、菅財務相が、自民党法案について考え方は基本的には私たちと共通していると述べた。今後の焦点のひとつは経費に見合う財源のひとつとなる消費税の動向かとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-03-30 12:30 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー