牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「日本の公社債の種類別残高」

 日本証券業協会が発表している統計の中に「公社債発行額・償還額等」があり、ここには発行額や償還額とともに残存額も出ている。直近のデータとなる2009年11月現在のデータから、日本の公社債の種類別残高を見てみたい。

http://www.jsda.or.jp/html/toukei/index8.html

 公社債合計の残存額は899.4兆円となっているが、この内訳は以下のとおり。国債706.2兆円(78.5%)、地方債43.3兆円(4.8%)、政府保証債36.5兆円(4.1%)、財投機関債23.9兆円(2.7%)、普通社債59.0兆円(6.6%)、資産担保型社債0.8兆円(0.1%)、転換社債1.1兆円(0.1%)、金融債19.5兆円(2.2%)、円建非居住者債9.1兆円(1.0%)

 国債と地方債、政府保証債、財投機関債をあわせると金額で810.0兆円、シェアは90.1%となる。

 現在の日本の債券市場では当然ながら国債のシェアが高いが、地方債、政府保証債、財投機関債をあわせると9割となり、残高も800兆円を超えている。地方債なども消化はほとんど国内資金で賄われており、今後の国債への投資余力を見る上では、これらも考慮しておく必要がある。
e0013821_9382860.jpg

[PR]
by nihonkokusai | 2010-01-25 09:35 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31