牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

米国の国債制度

世界の国債市場の中で最も影響力が大きいのが米国債市場といえる。米国債つまり「トレジャリー」の動向は各国の金融市場にも大きな影響を与えている。現在、米国債の中で指標的な存在となっているのは10年物国債であり米国の長期金利とは直近に入札された10年国債の利回りを示すことが多い。

米国債の発行根拠法は合衆国憲法(第1条第8項)に基づいて連邦議会が定めた第二自由公債法となっている。同法において、国債残高に制限額を課してその範囲内であれば自由に国債を発行し資金調達できることとしている。

また、米国での国債は、日本のように単年度の予算における歳入・歳出の差額を埋めるという単年度主義の観点からではなく、その時々における国庫の資金繰り上の必要性から発行されている。したがって、年度の国債発行予定総額や年限別の発行予定額が事前に法令若しくは予算上定められていることはなく、各時点における国庫の資金繰り状況に応じて、市場動向も勘案しつつ、弾力的に国債発行を行っている(以上、財務省「国債市場特別参加者制度」資料などを参考)。

米国の国債発行は日本と同様に財務省の所管事項となっており、国債入札のスケジュール(発行年限とその頻度)は四半期ごと(2月、5月、8月、11月 )に決定される。入札額が発表されるのは入札が実施される約1週間前となる。

米国債の種類としては市場性国債と非市場性国債に分けられる。市場性国債とは広く一般の投資家を対象に売買が自由にできる。市場性国債の種類には、財務省証券(Treasury Bills )と呼ばれる1年未満の割引債と、中期国債(Treasury Notes)と呼ばれる償還期限が1年超10年以下の利付債(2年・3年・5年・7年・10年)、そして長期国債(Treasury Bonds)と呼ばれる償還期限が10年超の利付債(30年)がある。

また、元本及びクーポンが消費者物価指数に連動するTIPSと呼ばれる物価連動債(5年・10年・30年)も発行されている。

非市場性国債には、米国の個人向け国債である貯蓄国債と、米財務省が政府管轄の政府機関や信託基金、特別会計に対して直接発行されるものがある。

米国債の取引の大部分は日本と同様に店頭市場で取引されている。売買が行われる時間帯は通常は午前9時から午後4時となっている。そして、米国債の決済にはフェド・ワイヤーと呼ばれるコンピューター・システムで行われている。
[PR]
by nihonkokusai | 2010-01-07 08:57 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー