牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「44兆円は努力目標に」

 本日の日経新聞の朝刊一面に、鳩山由紀夫首相が2010年度予算の新規国債発行額について、自ら掲げた44兆円以下という目標を事実上、撤回する意向を関係閣僚に伝えていたことが10日、明らかになったとの記事が掲載された。

 しかし、菅直人副総理兼国家戦略担当相は11日の閣議後の会見で、2010年度予算編成の基本方針で示す予定の国債発行額の上限について、鳩山由紀夫首相から「前後の言いぶりは考えなければならないが、44兆円という一種の努力目標はきちんと表現するように」との指示があったことを明らかにした。基本方針には「努力目標」として国債発行額44兆円を盛り込むものの、明確な「国債発行の上限」とは位置づけが異なる見通しとなった(ロイター)。

 数値目標は残すものの、上限ではなくあくまで努力目標としての位置付けであり、財政規律を守るとの姿勢を見せながら、実際には突破もやむを得ないとの考えなのであろう。過去最大の95兆円に膨らんだ2010年度予算の概算要求に対し、事業仕分けなどで削減できたのは3兆円の目標に対して6900億円の削減にとどまる。ある程度予想されていたことではあるが、結局、皺寄せは国債発行増に向かわざるを得ない。

 ただし、藤井財務相はマニフェスト(政権公約)に掲げた主要事項を実現しても国債発行を44兆円以下にできるとも発言し、44兆円を守っても国民生活がだめになることは考えられないと44兆円以下を堅持すべきとあらためて表明するなど、やや閣内での意見に微妙な違いが見える。

 政府の財政規律への姿勢の揺らぎも意識されてか、本日の現物は長期、超長期に引き続き売りが入った。10年305回は前日比+0.035%の1.275%、20年113回も同+0.035%の2.050%が打たれた。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-12-11 14:42 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー