牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「今年度の第二次補正予算にともなう国債発行額が明らかに」

 ロイターによると、藤井財務相昨日の閣議後会見で、景気の悪化などに伴って2009年度税収が当初予算から9.2兆円下振れ、36.9兆円に減少するとの見通しを示し、これに伴う2次補正後の新規国債発行額は1次補正後の44.1兆円から53.5兆円に拡大することを明らかにした。

 これにより第2次補正予算で必要となる追加国債発行は9.3兆円規模となった。市場では、税収の落ち込みにともなう国債増発は最大で9兆円規模となる見込みとなっており、想定の範囲内とみられる。

 この国債増発に対しては来年3月に6000億円をスポット発行し、残りを短期国債で5兆円程度。さらに足りない分は、第2非競争入札が見込みより多めになっていることや、前倒し発行分の減額、さらに出納整理期間発行などを使って、やりくりすることが可能とみられ他の年限の増発は避けられる見通し。

 ただし、国債発行額が税収を上回るという1946年以来、63年ぶりの異常事態となったことも確かである。加えて2010年度の新規国債の発行額を44兆円以下に抑えるとの目標もここにきて揺らいできている。

 8日に鳩山首相は新規国債発行額を44兆円に抑制するという方針について「それに向けて努力を続ける」と微修正。鳩山首相はそのことに「手足を縛られ、人の命が失われるというようなことがあってはならない」とも述べたと伝わった(ロイター)。

 44兆円規模でも国債発行額が税収を上回る異常事態が継続する可能性が現状高い。国債発行額が税収を上回るこの異常事態は早く解消する必要があり、現政権には再来年度には少なくとも、税収が再び国債発行額を上回ることを絶対目標に据え置いてもらう必要がある。

 いつまでこの規模の国債が国内資金で消化可能なのか、その答えを見出していないものの、回りまわって日本国債買い手となっている個人の金融資産の余裕分はかなり底をついているはず。現政権には財政についてかなりの危機感をもって臨んでもらう必要がある。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-12-09 09:55 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー