「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

来週の債券相場の予想


 ドバイ・ショックの影響がどの程度拡がるのかを見極めたいとして、当面はリスク回避の動きの動きから国債は買われやすくなるとみられる。政府によるデフレ宣言があったが、急激な円高によりさらにデフレ圧力が強まる可能性もあり、これも円債にとってはフォローの材料となる。

 円高進行を食い止めるため、日銀の金融政策への期待が強まる懸念もある。時間軸に働きかけることや、国債買入増額観測などがさらに強まる可能性もある。大手銀行などがさらに債券への買いを積極化することも考えられ、長期金利はさらに低下してくる可能性がある。

 12月の国債大量償還もあり、月末インデックスの長期化といった要因で超長期債にも年金運用者などの買いが入りやすい。すでに10年債利回りは1.2%台の半ばまで低下し、債券先物は10月2日につけた直近高値の139円70銭を上回ってきている。

 高値警戒感も強まりそうだが、それ以上に12月10日の12月限の売買最終日を前にしての先物の買戻し圧力が強まることも考えられる。このように、当面の債券相場は戻りを試す展開が予想されるが、1日の10年国債入札の結果などには注意も必要となりそうである。

予想レンジ 1.15%~1.40%
[PR]
by nihonkokusai | 2009-11-27 15:44 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー