牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「来年度の赤字国債増発観測」


 本日の日経新聞は、来年度予算の一般会計の概算要求が最大90兆円を超えて、過去最大規模に膨らむ見通しと伝えた。

 民主党が衆院選マニフェストで掲げた公約を実現のために必要な約7兆円の支出などが上乗せされ、一般歳出は50兆円を大幅に超える見通しとなり、地方交付税が17兆円程度、国債の償還などに充てる国債費が22兆円程度見込まれ、歳出総額は90兆円を超す可能性が高まった。

 歳入面からは、税収は2009年度当初予算で見込む46兆円程度から、企業業績の悪化による下方修正分に、民主党の公約には暫定税率の廃止加わり、この2兆円程度の減少も含めて、40兆円を割り込む可能性が高い。

 最終的な歳出総額などが明らかにならないと、必要となる国債発行額の想定も難しいものの、日経新聞によると鳩山首相は赤字国債増発の容認やむなしとの発言もあり、どうやら来年度の国債発行額は今年度の国債発行額(補正後44兆円)を上回る可能性が出てきた。

 鳩山首相は衆院選期間中に、国債発行額についてこれ以上増やしたら国家はもたない、当然減らす努力をしなければならないと述べていたが、結果としては国債発行額はさらに増加される可能性が強まった。鳩山首相の言によれば、これで果たして国家が持つのかどうか。先行きの国債需給に対して、市場では今後は不透明感が強まる可能性がある。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-10-15 08:58 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー