牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「個人向け国債販売低迷で市中消化に振り替えも」


 23日の日経新聞では、財務省が個人向け国債の販売低迷を受けて、2009年度の販売計画に届かない分について、一般の国債の市中消化分に振り替える方針を固めたと伝えた。市中消化に切り替えるのは、金融機関などの窓口販売分を含めて約1.5兆円となるようである。

 今年度の個人向け国債の販売計画は2.4兆円となっているが、しかし4月と7月の発行分では、約8千億円の販売実績にとどまっている。現在募集中の10月発行分の個人向け国債の表面利率は5年固定金利物で0.6%(税引き前)と7月発行分より低下しており、今回の募集分も低迷すると予想され、このままのペースでは今年度の個人向け国債の販売額は当初計画を8千億円程度は下回ることとなる。

 これにより1.5兆円以上が市中消化に振り返られる可能性があり、5兆円程度と予想されている税収見積もりの下方修正分を含めて、今年度国債の増発要因となりうる。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-09-24 09:47 | 国債 | Comments(3)
Commented by yabu at 2009-09-24 17:28 x
市中消化に切り替えるとは具体的にどういうことでしょうか?
機関投資家にも販売するということでしょうか。それとも、割り引いて販売するということですか。御教示願います
Commented by nihonkokusai at 2009-09-25 09:08
 やや説明不足でした。個人向け国債そのものを市場で販売するという意味ではありません。予定より不足分を一般の国債の増発で補うという意味です。
Commented by yabu at 2009-09-25 19:38 x
ありがとうございました
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー