「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「債券相場への警戒感」

 麻生首相は衆院を21日に解散し、衆院選の投開票日を8月30日とすることを決めた。解散から投開票日までは40日間と現行の憲法下では最長となる。さらに投開票後も特別国会での首相指名選挙や組閣などの準備期間も必要となり、新政権の本格始動は9月中旬以降になる公算が高い(日経新聞)。約2か月に渡り政治の空白期間が継続されることは、市場にも少なからず影響を与えそうである。

 内閣支持率は低迷し続け、都議選を含めた地方選の自民党の連敗により、今回の選挙で民主党が圧勝し、政権を取る可能性が高まった。このため民主党のマニフェストを確認する必要があるが、財源について不透明感もあり、結果として国債増発は避けられないと思われる。

 すでに麻生政権下における経済対策などにより、7月から16.9兆円もの国債増発が開始されている。国債入札そのものは、事前に警戒感も強まっていたことで、業者も投資家も準備を進めていたとみられ、焦点となった7月2日の10年国債入札を含め、今のところ無難な入札となっている。

 好調な入札となっている背景には、大手銀行などが抱えた余剰資金による買いがある。日銀の超低金利政策や企業金融支援特別オペなどに加えて、預金の増加なども手伝いこれにより多額の余剰資金が発生し、この買いが国債主体に入り込み、2年国債の利回りは2005年11月以来の水準となる0.225%に低下し、5年国債の利回りも0.650%と2005年9月以来の水準に低下した。

 民主党が政権を奪取した場合の日銀への対応も金融市場にとりひとつの焦点となる。自民党政権下に比べ、民主党は日銀の独立性をより尊重するとみられており、金融政策へのプレッシャーは軽減される可能性がある。ただし、日銀が金融引き締めに動くにはかなりの時間も有するとみられ、いずれにせよ政治との軋轢は当面回避されよう。

 このため債券相場への影響としては国債の需給面がより意識されよう。7月は警戒心も強かっただけに今のところ無難なものとなっている国債入札だが、今後もこのまま順調に消化されるかどうかはわからない。8月は政治の空白に加え、夏休みという要因もある。余剰資金を抱える銀行の買いがいつまで継続するのかも不透明な部分がある。

 そして、景気の動向については、中国やインドなど新興国の景気がしっかりしており、政府の経済対策効果もあり、当面は緩やかながらも回復基調と見ている。ここにきて株価も世界的に堅調地合となりつつあり、これは債券の上値を抑えそうである。ただし、物価に関しては低下基調が継続し、デフレが意識されると債券にとっては下支え要因となる。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-07-21 12:28 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー