牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「5月の鉱工業生産速報は、前月比プラス5.9%」

 朝方に発表された5月鉱工業生産速報値は、前月比プラス5.9%となり事前予想を下回った。しかし、この上昇率は1953年3月に記録した7.9%の上昇以来、過去2番目の高さとなる。同時に発表された製造工業生産予測調査では、6月がプラス3.1%、7月はプラス0.9%を予測に。経済産業省は、生産の動向について基調判断を、持ち直しの動きが見られる、に据え置いた。

 経済産業省のサイトにアップされた結果の概要によると、5月の生産は、前月比5.9%の上昇と3か月連続の上昇となった。ただし、前年同月比では29.5%の低下となった。生産の上昇に寄与した業種は、輸送機械工業、電子部品・デバイス工業、鉄鋼業等で、品目別では、普通乗用車、携帯電話、駆動伝導・操縦装置部品の順に上昇。

 5月の出荷は、前月比4.5%の上昇とこちらも3か月連続の上昇、前年同月比では30.0%の低下となった。出荷の上昇に寄与した業種は、輸送機械工業、電子部品・デバイス工業、情報通信機械工業等であった。

 5月の在庫は、前月比0.6%の低下と5か月連続の低下、前年同月比は▲8.3%の低下となった。在庫の低下に寄与した業種は、情報通信機械工業、化学工業、電子部品・デバイス工業等であった。

 5月の在庫率は、前月比0.1%の上昇と3か月ぶりの上昇、前年同月比は39.6%の上昇となった。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-06-29 09:18 | 景気物価動向 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー