牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「国債増発がスタート」

 6月25日の2年国債入札分より、いよいよ2009年度補正予算に絡んだ国債の増発がスタートする。あらためて今回の国債増発に関して7月のスケジュールを確認したい。

 まず6月25日に入札が予定されている2年国債は発行日が3月15日となることで、6月中の入札ながらここから増発が開始される。この2年国債は一回あたり2.0兆円が2.4兆円となり4千億円の増額となる。大手銀行など7月の国債増発などを控えて、これまで買い控えていたこともあり、その銀行主体のニーズが見込めるため、4千億円の増発でも問題はないと見られる。

 続いて7月2日に入札予定の10年国債は、今回から一回あたり1.9兆円から2.1兆円に増額される。今回の国債増発にあたり最も注目が集りそうなのが、この10年国債の入札である。10年国債は中期ゾーンの銀行や、超長期ゾーンの生保などのように積極的に購入する投資家層が薄い。さらに、1998年末の運用部ショック以降、あえて10年国債の一回あたの発行額の2兆円乗せは避けられていた面もある。さすがに事前に懸念も強まっていることで、むしろ業者主体にそこそこの応札も期待でき札割れといった事態は考えづらいが、応札倍率などには注意したい。また前日に日銀短観の発表があり、イベントリスクにも注意が必要か。

 7月7日に入札予定の40年国債は、今回から一回あたり2千億円から3千億円に増額される。超長期ゾーンには生保などのニーズもあるため問題はなさそう。

 7月9日と28日には流動性供給入札が予定されている。今回から都合3千億円から6千億円に増額されるが、こちらも問題はないとみられる。

 そして、7月13日に入札予定の1年物の国庫短期証券は、一回あたり1.9兆円から2.3兆円に増額される。当面は日銀による実質ゼロ金利政策が継続されるとみられていることで、中期ゾーンと同様に銀行などのニーズが見込める。しかし、2年債などに比べてやや警戒する見方もあり、この1年物の国庫短期証券の結果については注意したい。

 7月16日に入札予定の5年国債は、一回あたり2.0兆円から2.3兆円に増額される。こちらも2年債と同様に銀行主体のニーズも見込めるため、それほど懸念する必要はなさそう。

 7月22日には、20年国債の入札が予定されている。今回から一回あたり0.9兆円から1.1兆円に増額される。生保などによるニーズがあり、増額が2千億円に止まっていることもあって、この20年国債の入札についても問題はなさそう。

 7月発行分の国債についての入札は以上となるが、特に注意が必要となりそうなのが、7月2日の10年国債と7月13日の1年物の国庫短期証券あたりか。ただし、7月増発に備えて業者、投資家ともに準備も進めていたとみられ、2日の10年債含めてそこそこの結果となると予想される。むしろ、衆院選の動向なども含めて8月から9月にかけての国債入札動向の方が注意が必要になるかもしれない。
[PR]
by nihonkokusai | 2009-06-22 12:39 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー